カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 基礎知識 >
  5. 妊娠36週!いよいよ検診が毎週となった!臨月に行われる検査
基礎知識

[36w]妊娠36週!いよいよ検診が毎週となった!臨月に行われる検査 [妊娠・出産の体験談]

16497人に読まれました
2016-02-05 15:51
36週から毎週検診が必要となりました。そして、今までほとんどエコー検査だけ行われてきましたが10ヶ月に入って検査内容が増えたので、書いておきたいと思います。
  • 内診◇子宮口の固さ

    毎週内診台にあがり、内診をしてもらうようになりました。子宮口の固さを調べているようです。私は37週の時点でも子宮口がまだまだ固いと言われました。先生からは運動をたくさんして、お腹の張りを起こしてくださいと指導されました。子宮口を開かせるためにスクワットなどの運動が効果的という話もありますが、個人差があるようなので何が効果的かは実際にはよく分かっていないようです。

    毎週内診台に上がるので、着ていく服に少し注意したほうが良さそうです。私はむくみと冷え対策で薄手のタイツを履いていきますが、内診の前にタイツを脱いで、会計まで終わってからトイレでゆっくり履くようにしています。
  • NST◇子宮の張り具合と胎児の心拍数

    NSTとは「ノン・ストレス・テスト」の略です。子宮の張り具合と胎児の心拍数を持続的に観察して記録する検査です。お腹に手のひらくらいの大きさの器具をあてて、20~30分じっとしています。
    私の病院では36週から毎週行われますが、一般的にも34週くらいから毎週行われるようです。私はいつも朝一番早い時間で検診に行くため、NST中にうとうとしてしまうのですが、胎児が起きていてくれている方がいいらしいので寝ないように注意しています。
    ちなみに、私の病院ではNST代は2000円(自費)です。
  • 血液検査◇貧血など

    臨月に入ってから一度、血液検査をしました。予定表には血糖、ヘモグロビンA1c、グリコアルブミン、血色素検査とあります。貧血も見ると言われました。尿検査は毎回行っていてタンパク尿と糖尿がないかは検査しています。

みんなへメッセージやアドバイス

特に内診が毎週あるのが注意点で、着ていく服を少し考えないといけないようになりました。臨月は検査内容も増えますし体の様子もどんどん変わってくるので冷静に対処できるように情報収集が大事だと思いました。
3

妊娠36w前後の体験談

上へもどる