カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. 育児ノイローゼ、このままじゃヤバい…私は虐待予備軍だ…。
育児

[1歳11ヶ月]育児ノイローゼ、このままじゃヤバい…私は虐待予備軍だ…。 [育児・子供の病気の体験談]

1009人に読まれました
2015-10-03 08:48
二人目妊娠中、ホルモンバランスの関係かイライラすることが極端に増えました。上の子はちょうどイヤイヤ期に突入し、それに加えてトイレトレーニングを始めたのが自分を追い詰める結果となったのでしょう。聞きわけのない娘に手をあげる回数が徐々に増え、旦那が仕事に行っている間、毎日声をあげて泣く私を、娘は一体どんな目で見ていたのでしょうか。そっと近づき、抱きしめてくれたり、ヨシヨシしてくれることもありました。こんな小さな子を相手に、私は一体何をやっているんだろう…。情けなさで一層涙があふれます。最近の私は何かがおかしい。感情のコントロールができない。このままじゃヤバいと思った私は、専門家にかかるため、旦那に相談することにしました。
  • 育児ノイローゼから脱出するために…

    何度言っても聞かない。同じことを繰り返す娘を止める方法が手をあげることでした。あざが出来るほど思い切りではないにしろ、一番有効な手段だと言うことも有り、徐々に手を挙げる回数が増えて行きました。いきなり手をあげるわけではありませんが、何度も言っているうちに、カッとなり、止めろって言ってるでしょーが!!!罵声と一緒にバシッと叩いてしまうのです。私は普段かなり冷静な方ですが、明らかに感情のコントロールが効かなくなり、自分で自分をおかしいと思うまでそう時間はかかりませんでした。
    海外の為、親や家族は頼れない。お茶しながら相談できるような友達もいない。娘を溺愛している旦那に話せば責められるのではないか?お前には任せておけない!と(旦那の)実家に預けようなど言われたらどうしよう…。色んな感情が渦巻き、なかなか言い出せずにいました。何もやる気がでない。誰にも会いたくない。娘にダメージを与えてしまう前に、あたしが死んでしまった方が良いかもしれない。育児ノイローゼのチェック項目は8割、9割が当てはまり、どの結果を見ても「重症です、専門家に相談しましょう」となっていました。
    ある日、私が泣いているところに旦那が帰ってきました。「どうしたの?!」泣く私をみて泣きだし、私のお腹にしがみついたまま、泣き疲れて眠ってしまった娘を抱きかかえ、涙を流しながらぼけーっと座り込む私を見て、旦那は驚いた様子で尋ねました。「分からない。感情のコントロールが出来ない。心療内科行く。」やっと口からでた言葉はそれでした。
    その夜、旦那が娘を寝かしつけてから私のもとにやってきました。「もう少し分かるように説明してくれない?」少し落ち着きを取り戻していた私は、淡々と話しました。育児に酷いストレスがたまっていること、外に行ってもリフレッシュが出来ない状態まで来ていること、このままじゃ虐待をしてしまうかもしれないこと、良くニュースで流れる虐待している親、可愛いはずの我が子を殺してしまう親の気持ちが今は良く分かること。かわいいわが子を手にかけるとか鬼畜や!!以前の私はそう思っていました。でも、分かってしまうのです。24時間365日育児にかかわり、経験した人にしか分からない感情、自分を含め、誰もが虐待予備軍になる可能性はある。明日は加害者になっている可能性は0%ではない。おそらく世の中には育児に非常に余裕があり、全くイラつかない人もいるのでしょう。でも、絶対にこの気持ちを理解できないであろうそんな人の意見や批判、表向きの上から目線のアドバイスなんて今の私を追い詰めるだけ。聞きたくもない。そう思いました。
    「気付いてあげられんでごめん。」私の話を聞いた翌日、旦那は会社を休みました。緊急事態だと判断した旦那は心療内科の医師を捜し、更に受け入れてくれる保育所が近所にないか尋ねにいきました。
    旦那の取ってくれた行動に私は随分救われました。自分ひとりで抱え込み、爆発寸前だったけれど、しっかりと受け止めてくれ、解決策はちゃんとあることを行動で示してくれたのです。また、保育園の園長先生やそこを紹介してくれた窓口も親切で気が軽くなりました。現在、悪化すればいつでも心療内科に行けるという安心感と信頼できる旦那のおかげでまだ専門医にはかかっていません。

みんなへメッセージやアドバイス

どうにもならない状況になった時、自分一人ではキャパオーバーで思わぬ最悪の結果を招いてしまうことも有り得ます。自分がおかしい、できれば早い段階でそう気付ければラッキーだと思います。育児ストレスはごく当たり前だと思いますが、だからと言って我慢すべきではないと思います。
いきなり心療内科は少しためらわれるかもしれないので、まずは自分を受け止めてくれる人、同じような立場を経験し、既に乗り越えた人、もしくは保健機関や電話相談に思うがまま、自分の辛さを吐き出してみてください。泣きながら出いいんです。思いのほか気持ちが軽くなると思います。
5

1歳11ヶ月前後の体験談

上へもどる