カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 早産 >
  6. 【出産体験記】そんな兆候なかったのに早産でした
早産

[36w]【出産体験記】そんな兆候なかったのに早産でした [妊娠・出産の体験談]

1915人に読まれました
2015-08-18 00:20
初めての出産時の体験記です。
私は里帰り出産だったのですが、妊娠36週ではまだ自宅にいて、妊婦健診のために実家に帰った時の事でした。
検診前日に実家に帰り、夕方くらいからなんとな~くお腹が痛いような?張ってるような?感じがしました。
明日検診だし、明日診てもらえばいいだろうと思っていたのですが、だんだん痛みは強くなっていきました。
本で調べてみると、一度痛みが来るもののしばらくして落ち着く前駆陣痛というものがあると載っていました。
まだ36週だしきっとコレだろう、と思っていました。
朝になってもまだ一定のリズムで痛みが来るので、検診の予約時間より早い時間に病院に電話し、朝イチで診てもらうことになりました。
すると、子宮口は開いておらず、内診やエコーの様子でもまだ大丈夫だろうという診断でした。
検診後は自宅に戻って、その週末に里帰りする予定でしたが、痛みがおさまらないのでもう1泊することにしました。
痛みはだんだん強くなり、夜になっても眠れないほどでした。
真夜中3時頃、10分おきに息が詰まるほどの痛みになってきたので、いよいよ病院に電話しました。
すると、痛みが5分間隔になったらもう一度電話して下さい、とのこと。
しばらくして5分間隔になったのであらため電話し、病院に行くことになりました。
ただの検診のつもりで実家に帰っていたので、入院準備も何もないままでした。
早朝4時頃、病院につき陣痛室で1時間ほど過ごし、子宮口が開いてきたので分娩室に移りました。
とにかく陣痛が痛くて、こんなにツライのか!!早く終わってほしい!!とずっと思っていました。
いよいよ"何かが出そう"な感覚があって、4~5回イキむと「産まれましたよ!」という声とともに赤ちゃんの泣き声が聞こえました。
朝の7時前でした。
安産ですね、と言われましたが36週だったので早産ということになりました。
赤ちゃんの体重もぎりぎり2500グラムに足らず、低体重児ということになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

私の場合、検診の様子では全く早産の兆候もなく、促進するような運動(歩いたりスクワットしたり)も特にしていなかったのですが、突然の早産になりました。
37週に入ってから入院準備すればいいや、と思っていたのは甘い考えでした…。
兆候がなくても、こういうことがあるので、入院準備などはぜひ早めにしておくことをオススメします。
1

妊娠36w前後の体験談

上へもどる