カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 生活全般 >
  5. 【臨月の過ごし方】早産だと思ってたのになかなか産まれなかった!
生活全般

[39w]【臨月の過ごし方】早産だと思ってたのになかなか産まれなかった! [妊娠・出産の体験談]

11325人に読まれました
2016-07-20 15:28
2児の母です。
一人目の時早産だったので、二人目もそうなる可能性が高いと言われていました。
里帰り出産だったので、出産予定日の2ヶ月前には実家に帰り、入院準備もすませていました。
けれど、早産の様子は全くなく、順調に臨月に入りました。
  • 早産はまぬがれる

    臨月とはいえ36週のうちに産まれたら早産です。
    なるべく出産を促進するような運動(沢山歩いたり)は避けていました。
    けれど37週になり、早産をまぬがれたー!とホッとするとともに、もう早く産まれて欲しいなーと思っていました。

    検診では、赤ちゃんも下がってきてるし産道も柔らかくなってきているので、いつ陣痛が来てもおかしくない、と言われていました。
    が、なかなか産まれる様子がありません。
  • 出産の準備は万全

    体重コントロールのためもあり、毎日上の子と一緒に最低でも30分は散歩に出かけました。
    上の子がお昼寝している間にマタニティヨガをしたり、スクワットもしました。

    お風呂ではおっぱいマッサージもして、出産を促進するように頑張りました。

    いつ入院になってもいいように、荷物はまとめてあるし、妊娠出産についての本も読み返していました。

    また、産後必要になる届け出―例えば、出生届や健康保険や児童手当の申請のことなど、調べてすぐ準備できるようにしていました。

    運動のおかげか、お腹はよく張るようになり、夜中に子宮が収縮するような痛みが出てきました。
    かなりキツめの生理痛といった感じのがしばらく続くのですが、気づいたら眠っていて、朝には治っているというのが3日くらい?もっとかな?ありました。

    検診でも、先生が出産を促進するようなマッサージをしてくれていました。
  • ついに陣痛開始

    39週になり、とうとう今までとは違うな!と思うような激痛がきました。
    いきなり10分おきの激痛で、すぐ病院に電話して即入院になりました。
    陣痛開始から2時間で出産となり、かなりの安産でした。

みんなへメッセージやアドバイス

臨月に入ったら、本当にいつ産まれてくるかわかりません。
(一人目の時はなんの兆候もなかったのに36週で産まれて早産でした)
なので入院用の荷物やや産後すぐに必要な事は準備しておく必要があります。
あとは心の準備!
分娩ってどんな感じなのか、本を読んだりして一応頭の片隅にはいれておきます。
残り少ないマタニティライフを楽しみながら、リラックスも大事です!
4

妊娠39w前後の体験談

上へもどる