カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. >
  5. 赤ちゃんの粉薬の飲ませ方

[0歳3ヶ月]赤ちゃんの粉薬の飲ませ方 [育児・子供の病気の体験談]

645人に読まれました
2015-08-18 13:20
母乳育児で哺乳瓶を受け付けなかったので、2ヶ月の時に処方された薬を飲ませるのに苦労しました。
  • 粉薬が処方される

    生後2ヶ月の際に薬を処方されるという事は滅多にないのですが、胃腸炎とRSウィルスで入院して退院後に薬を処方されました。
    処方された薬は、ビオフェルミンという整腸剤の粉薬でした。
    まず病院で言われた粉薬の飲ませ方は、ぬるま湯やお湯にといたりして哺乳瓶の乳首で与えたり、スポイトであげてくださいと言われました。

    産婦人科から飲ませるように言われていたK2シロップを1日に1回飲ませていたのですが、うちの子は哺乳瓶をうけつけなかったのでいつもそう簡単に飲んでくれず、粉薬を哺乳瓶の乳首で飲ませる事はできませんでした。
  • 粉薬を団子状にする

    試行錯誤しているうちに、友人からいい情報を聞きました。
    母乳やミルクの直前に少量の水で粉薬をこねて、団子状にしてから口の中につけてすぐに母乳やミルクをあげるという方法です。
    この方法なら、母乳と一緒に飲ませる事ができました。

    赤ちゃんの場合、薬の間隔さえ守れば食前食後は気にしなくても大丈夫なようです。
  • お薬飲めたね

    【おくすり飲めたね】などの薬を飲ませやすくするゼリー状のタイプは離乳中期(7ヶ月〜)から使用する事ができます。ゼリー状のオブラートに包んでくれるので粉薬や錠剤を飲ませるのに便利です。3歳になる上の子に粉薬を飲ませる時はこれを使っています。

みんなへメッセージやアドバイス

ある程度大きくなると、甘いシロップであれば好んで飲んでくれるようになりましたが。授乳中の時期は、シロップよりも粉薬の方が便利でした。
1

上へもどる