カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 切迫流産・流産 >
  5. 不妊治療*体外受精 妊娠初期の切迫流産について
切迫流産・流産

[5w]不妊治療*体外受精 妊娠初期の切迫流産について [妊娠・出産の体験談]

5580人に読まれました
2016-03-17 16:59
体外受精で初めて妊娠した時のことです。病院での検査で妊娠が確定し、喜んでいたのに突然の出血がありました。切迫流産と診断されたのですが、その時の体験を紹介します。
  • 最初はほんの少しの出血でした

    私が体外受精をしたときは人工的に子宮内膜を厚くし、妊娠に必要なホルモンの補充は薬でした。
    ホルモンの補充は妊娠確定後も続き、9週頃まで続きます。私は、飲み薬の他にも膣錠を使っていました。

    初めての出血は、5週に入る直前のことでした。いつものように膣錠を入れて、しばらくしてトイレに行くと、パンツにちょんっと1滴赤い血が付いていました。
    びっくりして病院に連絡し、すぐに診察を受けました。

    膣内エコーで確認すると、ちゃんと胎嚢が見えました。ほっとしましたが、先生と話していると、膣錠を入れた時に膣が傷ついて出た血なのか、よくない出血なのかはわからないから、安静にはしているように言われました。
    血はその1滴のみで、その後は止まっていました。
  • 2回目の出血

    最初に出血して以来、完全に止まっていて次の日も出なかったので、膣が傷ついたからかなぁと思っていました。

    しかし、2日後の夜そろそろ寝ようと思ってトイレに行くと、真っ赤な血がべったりとパンツに付いていました。顔から血の気が引いていく感じがし、かなり衝撃的でした。

    病院に連絡すると、すぐに病院に来るように言われ、診察を受けました。膣内エコーで子宮内を診ましたが血で胎嚢は見えないと言われました。
    その時も出血は続いていましたが、まだダメとは決まっていないから、切迫流産ということで入院して様子を見ることになりました。
  • 切迫流産で入院中のこと

    突然の入院でしたが、入院して次の日には出血は止まりました。でも出血しやすい状態は避けるために、膣錠と飲み薬のー部が中止になり、代わりに注射を打つことになりました。

    入院中は診察もあり、出血が止まると胎嚢はまた見えるようになりました。胎嚢は見えたものの、今後どうなるのかと考えると不安で、ベッドの上ではひたすらスマホで切迫流産について調べていました。

    また、生理痛のようなお腹の痛みや胃がムカムカして体調が悪かったのも不安でした。
  • 退院後のこと

    出血も完全に止まったし、胎嚢も見えているから自宅で安静にしていればよいと言われ、1週間ほどで退院することができました。

    退院してから2日後には診察と心拍確認もするから来るように言われ、自宅に帰りました。
    自宅では必要最低限動かないようにしていました。自宅にいる時も生理痛のようなお腹の痛みや胃がムカムカしていました。
  • 心拍確認出来ず

    退院から2日後、心拍確認をしてもらいに行きましたが確認できず、次の日にもう一度確認することになりました。
    次の日にも確認ができず、Hcg値も下がってきているということで、残念な結果に終わってしまいました。次の日には手術を受けることになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

初めての妊娠が流産だったという方の悲しみは、自分も経験したのでよくわかります。涙が止まらなくなったし、この先また妊娠できるのかと考えると不安になりました。

切迫流産も診断されるとかなり不安になりますが、出産できる方もたくさんいるので、少しでも多くの人がうまくいってほしいと願っています。
1

妊娠5w前後の体験談

上へもどる