カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 帝王切開 >
  6. 帝王切開1回目と2回目の違い(術後編)
帝王切開

[40w]帝王切開1回目と2回目の違い(術後編) [妊娠・出産の体験談]

796人に読まれました
2015-08-29 13:39
2人の子供を帝王切開で出産しました。
  • 手術日が近ずくにつれて

    1人目の帝王切開の時は、緊急に近かったので、心の準備ができないまま手術といった感じであっという間でした。

    2人目は日にちを決めて計画帝王切開という形になったので、手術の日が迫ってくるにつれて、夜寝れない事が多かったり手術している夢を良く見ていました。

    手術の過程や、術後の痛みが良く分かっているので2回目の手術の方が恐怖で仕方無かったです。帝王切開を2回経験している知り合いにどっちが痛いか聞いた所、2回目の方が...と言っていたので、余計に不安でした。
  • 2人目の後陣痛

    1人目の時は、術後9時間後に痛み止めをやるまで子宮の収縮の痛みは子宮が焼けるような感じで、助産師さんにお腹をマッサージされる際に痛かったり、息をする事も苦しかったです。

    2人目の時は、術後5時間程で早めに痛み止め(座薬)をやってもらったので、助産師さんのマッサージも痛くなく、ベットをおこして旦那と笑って過ごせるくらい元気でした。

    痛み止めは6時間で切れる為6時間後に助産師さんが来てくれた時に、痛み止めをどうするか聞かれたのですが、大丈夫そうだったのでやりませんでした。

    しかし、そろそろ寝ようとした際に1人目の時とは違う子宮の収縮の痛みが襲ってきました。傷の上をボーリングの玉がお腹から子宮の方に転がっていくような波のある痛みです。
    その波が帝王切開の傷を通過する時が1番痛かったです。

    1人目の時には寝る前に痛み止めをやってもらったので、経験した事のない痛みでした。この痛みが気になってその夜は寝れませんでした。

    授乳をすると子宮収縮が促される為、授乳をする時にもたまに痛み、1週間程続きました。2人目は子宮収縮の痛みが強いと良くいいますが、こういう事だったんだな〜と思いました。
  • 床ずれ?

    2人目の出産後は麻酔がとれる事が早く、足につけていたポンプを早めにとる事になりました。ポンプは麻酔で足が動けない時に血流を悪くしないもので、麻酔がとれると外す事ができます。

    左足は先に動かす事ができましたが、右足は麻酔がとれる事が遅かったせいか、夜寝ている時に右足のカカトがなぜかずっと痛かったです。
    痛くならないように、向きを変えたり足をたてたりしていましたが、術後すぐに寝返りがまだあまりできなかったのでどうする事もできませんでした。


    朝起きて、旦那が仕事に行く前に足首に授乳クッションを置いていってもらったので痛みがやわらぎました。
    しかし、その後もカカトが赤くなり1週間近くずっと痛かったです。

    入院中に助産師さんに聞いた所、赤くはなっているけどそんなにひどくはないから大丈夫そうと言われました。床ずれは、時間がたつにすれ皮膚が壊死して黒くなってきたりするそうです。私の場合、白くなっただけで済みましたが、短時間の術後でも注意が必要です。
  • 1人目と2人目の痛みの違い

    1人目は産後ハイになっていて、さほど痛みを感じなかった記憶でしたが。2人目はこんなに痛かったけ!?という感じでした。

    2人目という事もあり、気持ち的にも余裕があるせいか?術後はあまり動いてなかった気がします。

    そのせいかどうか分かりませんが、退院後1ヶ月間、痛みで赤ちゃんのお風呂を入れる事ができなくなってしまい、母や旦那に入れてもらっていました。

みんなへメッセージやアドバイス

術後の傷の癒着を防ぐ為、早期歩行が推進されていますが。良く動いていた方が回復は早かったのかなと思います。
2

妊娠40w前後の体験談

上へもどる