カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 帝王切開 >
  6. 帝王切開1回目と2回目の違い(手術中編)
帝王切開

[40w]帝王切開1回目と2回目の違い(手術中編) [妊娠・出産の体験談]

905人に読まれました
2015-08-29 14:58
2人の子供を帝王切開で出産しています。同じ病院で同じ手術でも、全く違った手術になりました。
  • 手術中の痛み

    1回目の手術中は、全く痛みも泣く、定期的にきていた陣痛からやっと解放されて幸せでした。

    しかし2回目の手術中は麻酔をやっているのにも関わらず、ずっと胃のあたりが痛くて苦しかったです。赤ちゃんが生まれる瞬間にお腹を押されるのですが、その時が1番痛かったです。
    体の内臓を上に上げられてしまって、苦しいのかな?と思いました。

    この胃痛は術後も続きましたが、麻酔が切れると同時になくなりました。下半身麻酔が心臓の方までききすぎていたりするとこういった事がおこるらしいです。
  • 麻酔の失敗(脊椎麻酔)

    1回目の手術の際は、よく痛いと言われていた麻酔の注射はさほど痛くなく、最初の注射をしてからすぐに足がしびれてきた感覚になりました。

    しかし2回目の手術の際の麻酔は、最初の注射をやった後に背骨にグイグイと管のようなものが入り込んでいき、冷たい液が流れこんできた感覚がありました。明らかに1回目の手術の麻酔とは違ったので、不安を覚えました。

    「どこか響くところがあったら言ってね」と先生に言われているうちに、右足の神経に響くような激痛が襲ってきました。「痛いです」と言うと、先生が何か専門用語を助産師さんに言ってやり直しとなりました。

    やり直した麻酔は1回目と同じくスムーズに済みました。後から心配になって、助産師さんに聞いたところ、麻酔の反射?が良くなかったらしいです。

    麻酔の失敗で障害が残ってしまう例まれにあるので、不安で仕方なかったですが。心配していた障害もなく、元気に過ごす事ができています。

みんなへメッセージやアドバイス

立会い分娩をする旦那さんで、病院側のミスを見逃さない為に立会い分娩をするという旦那さんがいました。ただ単に感動を共有する以外にも、こういったメリットもあるのかな〜と実感させられました。
1

妊娠40w前後の体験談

上へもどる