カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 嫌がる歯磨きの対処
お手入れ

[1歳6ヶ月]嫌がる歯磨きの対処 [育児・子供の病気の体験談]

413人に読まれました
2015-09-06 14:23
歯が生えてきた頃から、洗い流さなくていいフッ素を散布したり、ガーゼでぬぐったり、赤ちゃん用の歯ブラシを預けて自分でやらせたりしていました。奥歯が生えてきた頃に、本格的に歯ブラシで歯磨きをやるようになりました。
  • 仕上げ磨きの開始

    奥歯が生えてきた1歳半頃から本格的に子供用の歯ブラシで大人が歯磨きをするようになりました。
    最初のうちは口をすすぐ事ができない為、すすがなくていいジェルタイプのものをつけて歯磨き後、水などを飲ませていました。

    機嫌が良ければ、おとなしくやらせてくれていたりしましたが。毎回おとなくやってくれる時ばかりではありませんでした。
  • 対処方法

    1歳半〜2歳頃はある程度言葉が分かる時期だったので、「痛い痛いになるよ」とか「虫虫(虫歯)くるよ」と言っていたりしました。

    効果があったのは、虫歯と画像を検索して子供に見せる事です。痛さを体験する事はできませんが、子供にとっては見た目的に嫌だったようで歯磨きをやらせてくれました。

    しかし、両親虫歯が無いのでこういった画像でしか虫歯を見た事しか無かった息子は、祖母の奥歯の銀歯のつめものを見て、良く「むしむし」と言っていました。

    ある程度大きくなって言葉が分かってくると、無料の鬼のアプリというものがあるのですが。これに【歯磨きをしない時】というものがあり、男の子がお菓子を食べながらこうなっちゃうよ!いった感じで虫歯を見せてくるアプリも結構効果がありました。

    同じくらいの子供が歯磨きをやっている動画を見させながら歯磨きをやったり、「歯磨きじょうずかな」などの歌の動画を見させながら歯磨きを楽しみました。

みんなへメッセージやアドバイス

ベネッセのしまじろうをやっていたので、歯ブラシとオモチャのセットがDVDと連動していたので本人は楽しんで歯磨きをやる事ができ、助かっていました。
2

お手入れの関連カテゴリ

上へもどる