カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. おしるし >
  5. 妊娠38週*グリグリ内診2回目⇒おしるし⇒陣痛まで
おしるし

[38w]妊娠38週*グリグリ内診2回目⇒おしるし⇒陣痛まで [妊娠・出産の体験談]

22262人に読まれました
2016-02-09 16:02
前回から検診が週1回になりました。
今回は先生の渾身のグリグリ内診と、そのおかげでやってきた「おしるし」ウィークのお話です。
  • 息子が暴れる2回目のグリグリ内診

    38週になったこともあり、先生も気合を入れて内診をしてくださいました。
    前回より念入りに、時間をかけて卵膜と子宮の壁をグリグリ・・・
    相変わらず、カーテンの向こうから助産師さんが「呼吸法よ!!」と励ましの声をかけてくださいます。
    確かに前回より痛みが増しましたが、痛みよりも息子がその衝撃で暴れてみぞおちを蹴りあげるのと、先生が押し上げてくるのとでバウンド状態になりそちらの方が苦しかったです。
    あまりに息子が暴れるので、息子のほうがどうにかなってしまうのではないかと心配になりました。
  • ○○○○状のおりもの現る

    さすがに本気のグリグリ内診だけあって、翌日から信じられない量の茶色いおりものが出始めました。
    大きさ、色といい、まるでナメクジです。
    出血はほぼなく、トイレの度にナメクジ状のおりものが大量に出るというグロテスクな状態でした。
    あまりにもすごいので、ネットで調べたところ、それはどうも卵膜の破片らしいそうで問題なさそうでしたが、念のために産院に電話をして確認しました。
    その状態が4日ほど続きました。
    お腹がひどく張る、痛みがあるなどはなく、よく言う前駆陣痛らしきものもありませんでした。
  • おしるし出現そして鈍痛現る

    おりものが続いた4日目の深夜から、生理痛のような鈍痛が下腹部に現れました。
    朝目が覚めて、トイレに行くと茶色いナメクジ状のものは、真っ赤なナメクジ状に変化していました。
    「ああ、今日生まれるんだな」
    と確信しました。
    その後、お昼までは薄い紅色の水に、大きなおりものの塊が混ざるような状態が続きました。
  • ついに陣痛の始まり?

    お昼過ぎから生理痛で一番痛い時のような状態が、定期的に訪れるようになりました。
    この時点で30分間隔でしたが、我慢できないほどでもなかったので前駆陣痛か、陣痛ではないと思っていました。
    ただ、水ぽい紅色のおりものが多くまざり出血も始まったので、破水していないか心配になり産院に電話をすることに。
    「おそらく前駆陣痛だと思うので、もしこれから間隔が縮まったり不安なようだったら来てください」
    とのことでした。
    電話を切って安心したせいか、急に間隔が狭くなりいきなり10分間隔を切ったので先の電話から1時間と待たずに再度電話し産院へ向かいました。

みんなへメッセージやアドバイス

よく、陣痛は始まったらすぐわかる、という話を耳にしますが、私の場合本気で「こりゃ陣痛だ!」と確信する痛みになったのが、先生に言われた後だったので十人十色だと思います。
怪しいなと思ったら、病院に電話して指示を仰ぐのが一番です。
4

妊娠38w前後の体験談

上へもどる