カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. もうだめかも・・・と覚悟した弛緩出血
その他

[39w]もうだめかも・・・と覚悟した弛緩出血 [妊娠・出産の体験談]

1361人に読まれました
2015-09-09 12:40
無事に生まれる事に向けて、ひたすら体調管理に気を付けていた妊娠時。
そして無事に生まれて念願だった我が子供と対面した時は、本当に至福の時間を感じますよね。
私も、そんな時間に酔いしれ産後すぐのトイレも済ませ病室で休んでいた時です。
とんでもないハプニングが起こりました・・・

産後すぐは少し多めの出血があるのですが、お産すぐの分厚い悪露ナプキンも吸収できないほどの出血が始まりパジャマもベッドも血まみれに!!
嘘!?と驚いていた時、たまたま担当の看護師さんが挨拶に来てくれました。
その状況を把握してくれ直ぐにお腹を押さえて応急処置をしてくれたのですが一向に出血は収まらず、そのまま車椅子で処置室に運ばれました。
その間もドクドクと出血していたのが自分でも分かりました。

処置室で片手に点滴、もう片方に血圧計を付けて止血の治療をしてもっらていたのですが
血圧はふれません!と血圧が下がりすぎ計ることが出来なかった様で
意識も段々と朦朧となり、もうダメだ・・・と涙がとまりませんでした・・・

周りの呼びかけもあまりよく理解出来なかったのですが、「今から少し痛いけど直接手で子宮を圧迫し止血します。」と処置の仕方を説明してくれていたようです。
そばにずっと付いてくれていた看護師さんが大丈夫!!と励ましてくれたのが本当に安心しました。

適切な処置をしてもらって、ようやく出血も収まり
本来なら四人部屋で母子同室だったのですが、赤ちゃんは預かってもらい一日目は個室で過ごしました。
出血量は1100ミリリットルと輸血するまでに至らなかったのですが、
びっくりする量です。
でも妊娠時の血液量が普段よりも多くなっているので、多少の出血は大丈夫だそうです。
  • 弛緩出血の理由は様々

    分娩による疲労・多胎妊娠などの理由があるそうですが
    わたしの場合は急速にお産が進んだからだそうです。
    もしや陣痛?と感じてから出産まで二時間 初産も四時間ほどで分娩にあまり時間が掛からない事が自慢だったのですが、思わぬ落とし穴でした。

みんなへメッセージやアドバイス

よく聞きますが、本当にお産は命懸け。
何が起きるか分からないと言うのを身に染みて実感しました。

あかちゃんの様子で気になる事はもちろん、自分の体調の事もしっかり観察して
少しでもおかしいのでは?と感じることがあれば看護師さんにでも相談してください。
1

妊娠39w前後の体験談

上へもどる