カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. 双子出産!ツライつわりと産後・・・
多胎(双子)

[37w]双子出産!ツライつわりと産後・・・ [妊娠・出産の体験談]

5789人に読まれました
2016-06-29 14:32
10年ほど前ですが、35歳目前の34歳で二卵性の男児の双子を出産しました。
二回目の検診で発覚!ビックリしたと同時に心当たりがないので主人と不思議がっていたところ、一ヶ月後に主人のいとこが双子を妊娠!なるほど・・共通の祖母の妹が双子だったそうです。間違いなく遺伝ですね。

長男のときには全くなかったつわりが早い段階で始まりました。とにかく食べたら全部出すの繰り返しで、いつもトイレにこもってました。食事の準備をしている最中も、何度となくトイレに駆け込む毎日でした。出ないならいいんですが、毎回完全な嘔吐で涙を流しながら便器の前で座り込んでいるとドアの向こうから「お母さん大丈夫?」と4歳の長男がいつも声をかけてくれてました。
検診の度にいつまで続くのか先生に尋ねても、個人差がありますからと言われるのであきらめました。

6か月くらいになると、嘔吐は治まりましたがムカムカは治らず、これに付け加えてゲップが定期的に出続けてました。8か月をすぎると切迫早産で点滴入院。1人逆子だったので帝王切開の予定だったんですが、途中二人とも正常位と確認され自然分娩に変更しました。

ムカムカとゲップが続いてる中、予定日をむかえ点滴を外し無事に出産することができました!(出産話はまた別の機会に!)この後、翌日、二日後、三日後と、とにかく腰が痛いのと体がきつくてまともに歩けない状態・・・赤ちゃんのおむつを替える間すら立ってられないほどでした。こんなことなら、帝王切開の方が楽だったんじゃないかと思ったくらいでした。病院側からも、入院の延長をすすめられましたが、退院予定日と長男の幼稚園の入園式がかぶっていて次の日から幼稚園に送りださなければという思いがあり不調のまま退院しました。

親には頼れなかったので、主人の協力も得ながら双子の世話と長男の幼稚園の世話を1人でこなしていました。そのせいか分かりませんが、出血が治まるどころか量が増えていき、結局病院で診てもらうと良い状態ではなかったので、薬を処方してもらうことで落ち着きました。

出産して10年経ちますが、定期的に腰が痛くなります。椅子に座ってるだけでも痛くなります。年齢のせいもあるかもしれませんが・・・ただ、産後お手伝いして頂ける方が周りにいるのならば、無理をせずに助けてもらうことをお勧めします。1人しかいなければ、最低限のことだけしてゴロゴロしてていいと思います。トイレが汚れてても、掃除機をかけてなくても、気にしないことです。それでストレスがたまる方は別ですが。ダメママでもいいと割り切った時、すごく楽になりました。

みんなへメッセージやアドバイス

育児を頑張ってるママさん!いくつになっても子どもは可愛いです!!いっぱい動画と写真に収めてくださいネ。たまに見ないと赤ちゃんのころを忘れるんです。赤ちゃんの時は、ホント一瞬です。一日一日を大切にお過ごしください。

がんばれ!!ママたち!!!
3

妊娠37w前後の体験談

上へもどる