カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 2歳~3歳 >
  5. 赤ちゃんと猫との共存生活
2歳~3歳

[2歳]赤ちゃんと猫との共存生活 [育児・子供の病気の体験談]

318人に読まれました
2015-09-11 11:22
我が家では猫を飼っています。妊娠中、「猫は嫉妬が凄い」「赤ちゃんを傷つける」など言われていましたが、なるべく聞き流してきた私です。産後、娘を連れて家に帰ると、猫は穏やかそのもの。臨月に入ってからは猫の寝室への出入りを禁止していたので、寝室に入ってくることもなく、周りの心配は杞憂に終わったのでした。
以前、育児学級に参加した時「猫や犬などのペットは赤ちゃんに接触すべきではない。出来れば室内に入れないこと」と言われました。当然新生児はまだ器官が弱いし、ふわふわ舞う毛は良くないでしょうし、なんせおしりを嘗めた舌で毛づくろいするのですから、確かに衛生上良い影響はないでしょう。新生児に接触させる人はそうそういないと思います。
ただ、これは私が感じたことなのですが、私自身は猫を飼っていて良かったと思っています。というのも、現在娘は2歳。動物大好きです。またペットと暮らすことで動物を可愛がると言う意識が自然に育まれている気がします。
5カ月頃だったでしょうか、それまでは極力猫と娘の接触を避けていたのですが、猫がイスに座り、それを見た娘がケラケラ笑い始めたのです。尻尾の動きや毛づくろい、少し顔を動かすだけでも大爆笑。足をバタバタ動かして、それはもう喜んでいました。更に、娘が成長するにつれ、猫自身も娘に好意を示すというか、オス猫にも関わらず、よく娘の相手をしてくれます。娘も猫と遊ぶのが大好きです。もちろん、娘を引っ掻いたことはありません。ただ、猫を触った後の手洗いは、娘に限らず私達も徹底しています。
そんな穏やかな猫と育った娘は、良くも悪くも恐れしらず。大きな犬や馬にまで近づこうとするのでヒヤっとすることもよくありますが…。
デメリットばかりを見てペットは良くないと決めつけるのはいかがなものかと思います。気に入らなければリセットできるゲームとは違い、生命と触れ合いながら暮らすことで色々な経験を身につけ、ゆくゆくはペットを通して命の尊さなども学んでくれたらなぁと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

何事も、やってみなけりゃ分からないです。赤ちゃんに危害を加えるような場合は別として、ペットと赤ちゃんが共存する様子は、見ていてほほえましいものです。ただ、赤ちゃんは突然ペットの嫌がることをして怒らせてしまうこともあるので、絶対に目を離さず、そばを離れないようにしてくださいね。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる