カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 体外受精(IVF) >
  5. 33歳の妊活 「はじめての体外受精 ②いよいよ採卵」
体外受精(IVF)

33歳の妊活 「はじめての体外受精 ②いよいよ採卵」 [妊娠・出産の体験談]

663人に読まれました
2015-09-14 11:42
私の行っていた病院では、採卵は基本的に局所麻酔のため、
当日朝に自分で鎮痛剤の座薬を入れ、病院に向かいました。

全身麻酔ではないので、
メイクも軽くならOKで、コンタクトもOKとのこと。
ただ食事は前日夜から採卵終了するまではNGでした。
(水分は当日採卵数時間前までOK)

いつものように内診台に上がり、処置を済ませて
順番が来るまでベッドに移動して待ちます。

しばらくすると名前を呼ばれて手術室へ。
慣れない手術室の雰囲気と、未体験の世界を目の前に緊張が最高潮に。
痛いのかな、痛いのかな…ととにかくビビりまくっていました。

手術台に横になると、
先生がやってきて何か処置をしているようで
ちょっとぐりぐりされる感じがします。

「はいじゃー、麻酔をします。ちょっとチクっとしますね」と言われ
確かにチクっとした気もしたけど局所的な痛みというより、
さっきのぐりぐりのせい?か全体的な違和感の方が勝って
あまり痛みは感じませんでした。

卵巣に針を刺して採卵するらしいのですが、
この後はまったく痛みは感じず、
15分もかからずに終了しました。

無事採卵は完了し、採れた卵は1つだけ。
主人にも問題はないとの検査結果を聞きホッとしました。

先生から、AMHの値からすると、1つでも採れてよかったよ、と言われ、
そんなに私の卵ってほとんど残されていないのか…と落ち込みつつ、
でも移植に向けてがんばろう!と言ってくれた先生の言葉に励まされ、
愛しい1つの卵に望みをかけてみようと思いました。
(つづく)

みんなへメッセージやアドバイス

いろいろ感想を見ていると、採卵時の痛みは
人によって感じ方はさまざまみたいです。

私のようにあまり痛みを感じなかった人もいれば、
めちゃくちゃ痛かった〜!!という人も。
そう言われると余計に不安になってしまいますが、
時間にすればあっという間であったことは間違いないです。
(私の場合は1つだけだったからなのかもしれないですが…。)
2

上へもどる