カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 出血 >
  5. 奇跡の妊娠。まさかの出血。
出血

[5w]奇跡の妊娠。まさかの出血。 [妊娠・出産の体験談]

1112人に読まれました
2015-05-16 21:33
妊娠しても流産してしまう、そんなことを何度か繰り返し、仕事が忙しく検査にもなかなか行けなかったので、正直諦めてました。
高齢になってきたのも、理由の1つです。

旦那さんがものすごい子供好きだったので、友達が水天宮のお守りを買ってきてくれたり、妊婦さんに富士山を書いてもらうといいんだって、とボールペンで書いた富士山の絵を持ってきてくれたり。
周りの方が心配してヤキモキしてたように思います。

ちょうどダイエットしたいと思っていて、ルイボスティーを飲み始めたのも良かったのか、お守りが効いたのか。
旦那さんと2人で生きて行こうか、と話し合った矢先の妊娠でした。

熱っぽい。電車に酔う。少し気持ち悪い。
もしかして・・・
そんな期待が胸をよぎりつつ、同時に、妊娠してもまた流れてしまうんじゃないか、そんな不安もありました。

検査薬で検査して、陽性反応を見た時、やっぱり嬉しくて、仕事中の旦那さんに報告。

諦めた。旦那さんと2人で生きて行く。そう決めたと思ったけど、やっぱり授かりたかったんだ。痛感しました。

1番の問題はおなかの中で育ってくれるか。
流産のハッキリした原因もわからなかったし、防ぎようがない。

そこで、つわりがひどく、仕事中に何度もトイレに駆け込んだり、通勤の電車も途中下車しながらになっていたので、経済的にはキツかったけど早々に仕事を辞めました。

とにかく、赤ちゃんが育ってくれること、産まれてきてくれることに集中しました。
年齢もあって、このチャンスを逃したら、本当に諦めなきゃいけない!!そんな必死さもあったかもしれません。

やっと4ヶ月に入ったかなぁ、という時。
突然の腹痛に襲われ、嫌な予感がしてトイレに駆け込むと、予感的中、出血していました。

もう絶望感に浸る間もなく、病院に電話。
診察してもらうまでの自己反省はものすごかったです。
自分の行動を振り返って、何をしたか、何が悪かったか。頭の中がグルグル。
おなかの子供に、「行かないで」ずっと話しかけてました。

緊張しながら診察台に乗り、エコーに映った子供を見た瞬間。脱力。
元気動いていて、安心して力が抜けたのを覚えています。

診察結果は前置胎盤。子宮が下がって子宮口を塞いでしまう状態。
急に子宮が下がった為出血したんだろうとのこと。
出産までに子宮が上がらなければ、帝王切開になると言われました。

正直、無事に産まれてくるのであれば何でも良かった。
赤ちゃんをこの手に抱くことができるのであれば、何でも良いと思いました。

なぜ急に子宮が下がったのか、原因はわかりませんでしたが、出来る時は家事をして、散歩して、出産前には子宮も上がり、自然分娩で出産となりました。

まさかの妊娠からあっという間の出来事でした。

みんなへメッセージやアドバイス

当たり前ですが、無理は禁物です。私も旦那さんに「つわりっていいよね〜。24時間ゴロゴロできて。」なんて嫌味を言われてケンカになりましたが、それでも、万が一離婚されてもこの子は守る!!って勢いでした。無理をしなきゃいけないこともあると思いますが、できれば無理せず、みなさんが無事出産できますように。
3

妊娠5w前後の体験談

上へもどる