カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. やっぱりそうだった!アレルギー検査をするまでの経過。
アレルギー(免疫異常)

[2歳]やっぱりそうだった!アレルギー検査をするまでの経過。 [育児・子供の病気の体験談]

331人に読まれました
2015-09-18 23:49
我が子が2歳の時、アレルギー検査を受け、ハウスダスト、動物表皮、卵の反応が出ました。2歳まで何も気づかなかったのか?というわけではなく、確実な結果が出る年齢まで様子を見ていただけで、気になる症状はたくさんありました。そこで、我が子がアレルギーと診断されるまでの経過をご紹介したいと思います。

〇生後すぐ~
乳児湿疹が酷い。肌の乾燥が激しい。

我が子は乳児湿疹が酷く、冬生まれだったのですが肌はいつもガサガサしていました。湿疹がピークの時はいつも顔をかいていましたし、浸出液の固まりのようなものがたくさんありました。小児科の先生と相談して、保湿剤や酷い時には薬を塗るなどして肌のコントロールをしてきました。(現在進行形です)

この時から、もしかしたらアレルギーがあるかも?と先生に言われていました。

〇生後半年頃~
犬を飼っている実家に行くと、湿疹が出てきて顔がまっかに腫れあがる。
犬になめられると、その部分に湿疹が出る。

初めて顔がまっかになった時は、本当にびっくりしました。しばらく実家には行かないようにし、用事などで実家に行く際は、念入りに掃除をしてもらっています。今ではかなり免疫がついてきたのか、湿疹が出る回数も少なくなってきました。ただなめられると、やはり湿疹が出ます。

〇生後1歳半頃~
卵料理を食べると、全身に湿疹が出るようになる。

それまではたまご料理を食べてもまったく平気だったのですが、突然湿疹が出るようになりました。たまご料理は完全にアウトで、卵をつなぎなどに使った料理は出るものと出ないものがあります。

〇生まれてからずっと
布団に入ると、とてもかゆがっていました。身体が温まるのと、ダニなどに反応しているのだろうと思います。ある程度年齢があがっても、夜泣きがなかなか収まりませんでした。


このように、アレルギーと診断されるまでにも色々な症状が出ていました。我が子の場合は乳児湿疹が酷く、かなり小さい頃から肌の状態には気をつけていました。もし何か心配な事がある方は、一度相談されてみると良いかもしれません。(特に夜泣きがなかなか収まらない!なんて場合、アレルギーだったという事も多いみたいです)

2歳半を過ぎた息子は、自分でかゆい部分などを伝えられるようになってきたので、こちらとしてもケアしやすくなってきました。これからも、アレルギーと上手に付き合っていきたいと思っています。
2

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる