カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 母乳の為の食べ物・レシピ >
  6. DHAサプリで蕁麻疹が!授乳中の食事と飲み物
母乳の為の食べ物・レシピ

[0歳2ヶ月]DHAサプリで蕁麻疹が!授乳中の食事と飲み物 [育児・子供の病気の体験談]

7652人に読まれました
2016-02-17 11:50
授乳中の食事について、和食やあっさりしていた物が良いなど色々な情報があり、子供が何回もぐずる時には飲み物にカフェインが含まれているからかな?など、妊娠中以上に食べ物には気を使っていたかもしれません。
  • 赤ちゃんの成長にDHA•EPA

    赤ちゃんの成長にはDHAやEPAが良いという事で、魚からとれる栄養源ですが。魚を摂りすぎると水銀が...という心配もあり、DHAのサプリを飲む事にしました。

    しかし、私はこれを飲んでいた事により蕁麻疹ができました。出産後、病院で貧血と診断されて鉄剤を飲んでいたのでどちらが原因とも飲み合わせが悪いのかも分からず。とりあえず、鉄剤から辞めてみました。

    鉄剤を辞めても、蕁麻疹は酷くなるばかり。DHAサプリを飲む事を辞めて、鉄剤だけ飲んでみた場合は大丈夫でした。

    普段、薬でアレルギーは出た事がなく、魚でもアレルギーはありません。産後にアレルギー検査をやりましたが、結果は分からず。
    サプリに含まれるビタミンEがアレルギーの原因になる事もあるようなのですが、他のサプリに含まれているビタミンEは大丈夫でした。
  • 魚中心の食事に変更

    サプリが飲めないという事で、魚を食べる事にしました。産後間もない時は、自分のごはんを用意する事でさえ大変です。

    時間がない時はシーチキンや魚の水煮やみそ煮などの缶詰めを食べていました。あとは、レトルトされていてお湯で温めたり袋から出してチンするだけで食べられる煮魚などです。

    魚を多く食べていたせいか、母乳が魚臭かったです。何でこんなに魚臭いんだろうと調べたら、やはり魚を多く食べると魚臭くなるらしいですね。

    後は、ほうれん草や煮物などの和食系。和食は野菜が多くとれて、油も少ないので体にいい食材ばかりです。
    お腹がいっぱいになる前に、自分が食べたい物ではなく、とりあえず赤ちゃんの栄養に良さそうな食材から先に食べるように心がけていました。
  • 手軽で良く食べていたシリアル

    シリアルは牛乳と食べる事で栄養源も豊富で、時間がない時でも手軽に食べられてお腹いっぱいになるサプリのような物です。

    手軽だった事と、種類も豊富で飽きずに母乳にいい成分が入っていたので良く食べていました。

    すると、白斑という母乳のつまりができました。白斑は乳首の先にできるニキビのようなもので、授乳中には激痛を伴うと共に乳腺に栓をされる状態なので、つまって乳腺炎にもなりかけました。

    育児支援に来てくれた人に相談すると、母乳が出すぎているとの事。母乳があまり出ない人には牛乳を飲んでと言うが、牛乳や甘い物は飲んだら飲んだ分母乳になると言われました。

    それからは、牛乳やヨーグルトやケーキなどの乳製品、甘い物は一切禁止になりました。授乳中は脂肪を必要とするせいか、以前は嫌いだったケーキが食べたくなり良く食べていました。
  • カフェインが入っていない飲み物

    授乳中は喉が非常に乾きました。甘い物では糖分を摂りすぎるし、コーラやオロナミンにもカフェインが含まれているので極力は避けた方が良いでしょう。

    お茶が良いと思いますが、紅茶、緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶、ジャスミン茶などほとんどのお茶にはカフェインが含まれていて探す事が大変です。同じお茶ばかりでも飽きますよね。

    最初の子の時はある程度のカフェインは大丈夫との事で、そんなに気のせずに飲んでいましたが。1日中グズグズしている我が子は、カフェインのせいなのかな?と色々悩み、カフェインが含まれていない飲み物に変えました。

    カフェインが含まれていないお茶は麦茶です。私は麦茶があまり好きじゃなかったので、極力飲みたくは無かったのですが、母乳がよく出るたんぽぽ茶と併用しながら飲ませて頂きました。

みんなへメッセージやアドバイス

1人目の時には、飲み物1つでもすごい神経質になっていました。しかし、2人目ともなるとオッパイトラブルも一切無かったので何も気にせずに適当な授乳ライフを送っています。
4

母乳の為の食べ物・レシピの関連カテゴリ

上へもどる