カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 夫婦生活 >
  5. 性に関する話題が全くなかった我が家。実両親に妊娠を伝える時がきた。
夫婦生活

[2w]性に関する話題が全くなかった我が家。実両親に妊娠を伝える時がきた。 [妊娠・出産の体験談]

2962人に読まれました
2015-09-24 13:55
◎妊娠のことを話してから、初めて夫が帰ってきた。

産婦人科初受診は、1か月後が決定。まだまだ先です。
そして土日になり、妊娠を伝えてから初めて夫が帰ってきました。

結局、病院も行っていないのでそれ以上話すネタがなく、
ラインでも妊娠の話は前の1回だけでした。


「ただいまー」
と声がしたので、玄関まで行くと、

私「おかえりー」
夫「あっ…どうも…」

なぜか夫が頭をぺこぺこしていました。

私「あ、お、お疲れ様……」
夫「どうも……どうも……」

そのままぺこぺこしながら家に入ってきました。
夫なりに気を遣って(?)いたらしいです。

ご飯を食べたら元通りになりましたが。
単純だなぁ(笑)


◎両方の両親に、妊娠をいつ伝えようか?

病院のことを話し、じゃあ病院はそれでいいねということになり、話題はお互いの両親へ。
両方の両親にはいつ妊娠を伝えるかを話し合いました。

事前に妊娠~出産までのスケジュールも調べたのですが、わかったことは


・妊娠0~3か月→流産の可能性が高い。

・妊娠4か月~→安定期(流産しにくい)。

ということでした。

妊娠0~3か月の流産は、もともと育ちにくい受精卵などで
どんなに健康的な生活をしていても流れてしまうとのこと。


う~ん、だったら、安定期に入ってから教えた方がいいんじゃないかな?と調べた時は思いました。

だって、「妊娠したよ~」と言ってから流産してしまったら、相手も気を遣ってしまうかもしれませんし、しかしもともと流れてしまう運命の受精卵でしたから、そこまで気にしてもらわなくてもいいような気もします。

そこで、「安定期(4か月先)になってから、伝えようか?」と
夫に相談したところ、「大丈夫だよ!!伝えようよ!!」と言われました。

正直、夫の言葉にはびっくりしました。

妊娠したことも普通に事務的に対応していたので、夫の気持ちは

「特に嬉しくもなく悲しくもなく、普通…」

と思っていたので、夫が喜んでくれているなら夫の言うとおりにしようかな?ということで、すぐに伝えることにしました。


◎性の話題がほとんどなかった我が家

話し合った結果、夫→夫両親に、私→私両親に妊娠を伝えることにしました。

が、ここでも少しハードルがありました。

というのも、我が家は、私に彼氏どころか男友達もいなかったせいか、
性に関することはほとんど話題にあがりませんでした。
私の友達もそんな感じでしたので、当然学生時代も誰と誰が付き合った、という話もありませんでした。

だから、妊娠を両親に伝えるのは少し抵抗(?)というか、恥ずかしいという気持ちがありました。妊娠したということは、その前に××したってことを伝える事と同じだし、なんか嫌だ…。考えると、だんだん憂鬱になってきました。

しかし、黙ってるわけにもいきません。夫は自分の両親に伝えている訳ですし。

悩んだ挙句、前に夫にラインで伝えた通りに電話で言うことにしました。

私「もしもし」
母「はいはい」
私「えーと、妊娠したよ」
母「あらーおめでとう」
私「どうも…」

それからは、今何週目なのかとか、病院は言ったのかとか色々聞かれて、
それに答えるだけで良かったので楽でした。夫婦生活のことについては聞かれず、ほっとしました。

母の話を聞いて初めて知ったのですが、両親は私達が3年たっても妊娠の報告がないので、子どもができにくいのかと思ってたのこと。

でも、うちの両親からも夫の両親からも、特に子どもを催促されたことはありませんでした。
もしくは言っていたのかもしれませんが、私がまだ子供を望んでいなくて、適当に聞き流していたのかもしれません。

確かに結婚3年まで子どもがいないって、平均では遅いのかもしれませんね。
特にうちの方の親戚は子どもができるのが早かったので、よけいに両親はそう思っていたようです。

「だから、良かったね!」

と言ってくれました。

思った以上に喜んでくれて、私も嬉しかったです。

夫も私自身も、赤ちゃんのことでビビってたので、

”そうか、やっぱりおめでたいことなんだな”と実感できた出来事でした。





みんなへメッセージやアドバイス

妊娠したことは、配偶者にはすぐ知らせた方が良いですが、それ以外の家族にはいつ伝えるか?というのは少し悩みます。

しかし、人間いつ死ぬか分かりません。
良い知らせはできるだけ早く伝えた方が、人生に心残りがなくて良いのかなあ、と、この出来事を通して思いました。

4

妊娠2w前後の体験談

上へもどる