カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 乳腺炎 >
  6. 本当に辛かった・・・乳腺炎に悩まされた日々(その3)
乳腺炎

[0歳1ヶ月]本当に辛かった・・・乳腺炎に悩まされた日々(その3) [育児・子供の病気の体験談]

2105人に読まれました
2015-09-29 20:22
続きを書きたいと思います。


私の乳腺炎は、おっぱいを切開して、膿を出したことによってよくなっていきました。

1週間ほど膿を出して、だんだん膿が少なくなってきたということで、
ガーゼをなくして、傷を閉じていくことになりました。

やっと楽になれる!と嬉しくなりました。

しかし…

不幸なことに、そのタイミングで通っていた乳腺外科が、お盆休みに入ってしまいました。
そのため、丸1週間、診察を受けることができなくなりました。

その間に、私のおっぱいは、再び赤く張ってきてしまいました。

持続する痛みではありませんでしたが、時々激痛が走るようになりました。


母乳がたまってしまったのかと思って搾乳してみましたが、母乳は全然出ませんでした。


再び、助産師の友達に相談しました。
すると、一刻も早く診てもらった方がいいから、別の病院でもいいから行った方がいいとのことでした。


また痛い処置があるかもしれないと思うと、気が進みませんでしたが、
仕方がないので、ネットで他の乳腺外科を探して、行ってみました。

すると、案の定、またおっぱいを切ることになりました。
傷が閉じたので、再び膿がたまってしまっていたのです。

しかも、膿を出すために、おっぱいに管を入れると言うのです。
とても痛そうだし、嫌だと思いました。

しかし、結果的には、この処置に救われました。

麻酔はやはり痛かったですが、管を入れたことで、その日以降の処置がとても楽でした。
管と言っても、やわらかいストローのようなものです。
しばらくの間、管は入れたままでしたが、痛みも張りもどんどんよくなりました。

管を抜くと言われたときに、抜かないでほしいと思ったほどです。
また悪くなるのが怖かったので。

でも、とりあえず現時点では、再発もしていません。

最初におっぱいを切った時から母乳はあげていませんでしたが、
またあげられるようになりました。


3番目の病院に変えて、本当によかったと思っています。

今思えば、最初に通っていた産婦人科は、乳腺の専門ではなかったのですね。
医師も、専門外だから、よくわからなかったのかもしれません。
でも、わからないなら、早く他の病院をすすめてくれたらよかったのに、と思っていますが。

今通っている病院は、乳腺にとても詳しい先生がいるので、信頼できます。
病院選びって大切なんだな、と今回の件で思いました。



みんなへメッセージやアドバイス

とりあえず、現時点での乳腺炎体験談はこれで終わりです。

また悪化したという続編を書く日が来ないことを祈りたいと思います。
1

乳腺炎の関連カテゴリ

上へもどる