カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. お肌 >
  5. 妊娠中の肌荒れ・・・・脂漏性湿疹が再発
お肌

[30w]妊娠中の肌荒れ・・・・脂漏性湿疹が再発 [妊娠・出産の体験談]

1980人に読まれました
2015-09-30 15:07
妊娠中は体調も崩しやすいし、肌荒れなんかも起きやすいですよね。

私も敏感肌で荒れやすく、酷くなると顔に赤みが広がって痒くて眠れない~!!なんて事もしばしば起こります。
それだけ悪化してしまうと本当に辛いです。
化粧もできないし、保湿用クリームですらヒリヒリとして使えなかったりして、余計悪化するという悪循環に陥ります。


肌荒れは大学生の頃から起きやすいのはありましたが、1人目の息子を妊娠中にも結構荒れて、化粧もできずマスクで外出することがしばしばあって辛かったです。
そして息子の出産の時、破水したあと産院の看護婦さんからも「肌荒れが酷いわね!?大丈夫!?」と、出産の時に顔の肌荒れを心配されるほどでした。笑


今までは肌荒れで病院に行く気になれませんでした。
ですが息子を出産して外出が増えるようになってからは流石に病院へいく決意をしました!


そして皮膚科へ行くと、

「う~ん、これは脂漏性湿疹だね~」

と言われちょいちょいと薬を塗られて終了。



脂漏性湿疹は赤ちゃんの乳児湿疹でもありますが、大人とは原因が少し違います。
直ぐに治る赤ちゃんとは違い、大人の場合は慢性化します。

原因はマラセチア菌という常在菌の異常増殖です。(ひえ~)
皮脂腺が多く皮脂や脂が多い環境を好むので、お顔のT字ゾーンなんかもなりやすいです。
頭になったりする人も多いみたいです。
(うちの父も頭でなりましたが、よく洗髪して、椿油をぬることで改善しました!)


私は処方された薬(ステロイド系)を塗っていたのですが、改善はするものの、副作用でニキビができるのでなかなか薬が合いませんでした。
そして、脂漏性湿疹は治ったはずなのに顔にニキビができて、そのケアがうまくいかずまた痒みがでて炎症が起こるという繰り返しでした。
あまりに辛かったのでネット検索で行き当ったのが、


刺激の強い洗顔料は使わず、なるべくぬるま湯で顔の油を落とし、炎症が強いときはワセリンを塗り、炎症が酷くない場所には肌に合う化粧水をぬる、
というものです。


ワセリンにはかなりお世話になりました!純度の高いワセリンは皮膚科でも処方してくれる程、肌にはかなり優しいです。
そうして、私の場合はかなり改善されて、顔の赤みがほとんど目立たなくなってきました!


この方法で本調子の肌を取り戻したいです!
2

妊娠30w前後の体験談

上へもどる