カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 費用・助成金・給付金 >
  5. 出産費用は思ったよりも安かった
費用・助成金・給付金

[38w]出産費用は思ったよりも安かった [妊娠・出産の体験談]

5441人に読まれました
2016-06-28 17:42
予定日超過、陣痛促進剤、無痛分娩、吸引分娩でしたが、思ったよりも安かったです。
  • 出産費用について

    妊娠の検診は、補助券がありましたが、38週からは足りなくて自費になってしまうのを知っていたので、出来れば、38週までに産みたいと思っていました。

    私の病院では、先に10万円を予約金として預けて、出産一時金の42万円との差額を払うという方法が取られていました。 

    38週と39週の検診は、自費で9000円くらいかかりました。NSTテストもあったので結構高かったです。

    そして、40週を迎えたのですが、私の病院では、40週を超えると、毎日病院に行ってNSTテストをしなくてはなりませんでした。毎日だと結構お金もかかるので、早く産まれてほしいと願っていました。それでも、出て来てくれず、結局、41週の日に促進剤を使って出産することになりました。なので、40週から7日間、毎日通ってその分は出産費用に足される事になりました。

    無痛分娩は使用するつもりはなかったのですが、もともと3万円ときまっていました。一日目には出てこなくて、2日目に無痛分娩を使いました。その時点で陣痛促進剤は二日間使用でした。陣痛を始めてから42時間後に生まれたのですが、生まれて嬉しかったのですが、少し日にちがたってからこれはだいぶ高いのではないかと思い始めました。

    そして、お会計が出ました。全部で、59万円でした。予約金で10万円出していたので、9万円払いました。実際は、もっとかかかるかもしれないと思っていたので、結構安く済んだと思いました。入院も食事も2日分多かったので、この金額で済んでよかったです。

    出産費用は思ったよりも、安かったです。病院によっては、HPなどに費用が載っているところもあるので参考にするのがいいと思います。友人に聞くと、自然分娩なのに70万位かかっている人もいました


みんなへメッセージやアドバイス

出産費用は一時金が直接支払制度で病院に払ってくれるので、安く済みました。自分の病院がどういう方式なのか調べておくのが良いと思います。
1

妊娠38w前後の体験談

費用・助成金・給付金の関連カテゴリ

上へもどる