カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 長男の初入院、RSウィルスからの細菌性肺炎
その他の子供の病気

[1歳8ヶ月]長男の初入院、RSウィルスからの細菌性肺炎 [育児・子供の病気の体験談]

406人に読まれました
2015-10-06 10:06
長男1歳の時でした。

まずはRSウィルスと診断されました。
RSウィルスなので特効薬はなく、熱が過ぎ去るのを待つしかないと言われ、処方された薬と解熱剤で対応していました。

長男は熱が出ても比較的元気なタイプで、ぐったりしてくれたら治りも早かったのかもしれませんが、熱があっても動き回るので様子を見ていると夕方疲れてぐったりして病院に行きそこなうことも多々ありました。

この時も、RSウィルスと診断されてから38度~39度後半を行ったり来たりしながらも、走り回っていたので、様子見と言われます。2日後にもう一度病院に連れて行って熱がいまだ下がらない事を伝えても「元気だし、耐えましょう」と・・・。
でも、熱が下がらないんです。39度後半が続き、解熱剤を入れても下がらなくなってきていました。でも、病院に行って言われるのは、耐えてください。

その日はRSと診断されて4日目でした。夕方ぐったりして動かなくなり、病気だからと特別に食べさせていたアイスクリームを食べなくなりました。
これは怪しいぞと思いながらも、診察時間は過ぎてしまってて夜間に走るか次の日まで待つか・・・。迷って迷って、夜間に走って結果よかったです。

混んでいた夜間救急、1時間待って診察室に入ると先生は長男の顔色を見て
「元気そうだね~」
と。RSと診断されてこの薬を飲んでいるなら適切だし、耐えるしかないんだよね~。でも、一応肺のレントゲンと血液検査しておこうか~。
と。のんびりした口調に、大したことなかったかと思いましたが、出た検査結果で先生の口調は変わりました。炎症反応が11で危険なので即入院!肺のレントゲンも影が見えるので、今すぐ入院施設のある病院に行くようにと指示を受けました。
指示された病院でもう一度血液検査をしたら、炎症反応が13に上がっていました。基準値が0.3以下で2.0~15.0が中程度の炎症範囲、15.0~20.0が重篤な炎症範囲という中で、数値が上がるスピードが速く、一晩家で待たなくて良かったと冷や汗でした。

結果、5日間の入院。点滴で2日くらいすれば動き回っていましたが、炎症反応が下がらなかったので退院できず、走り回って元気なので退院させられました。

それ以来、熱と食欲、背中に耳を当てて肺の音をバロメーターにして病院に掛かるようになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

子供は自分の症状が上手く話せないので、熱があったら元気でも油断は禁物です。
0

上へもどる