カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. メンタル >
  5. 自閉性障害(自閉症) >
  6. 3歳を過ぎても気付かなかった。自閉症や発達障害の兆候
自閉性障害(自閉症)

[3歳]3歳を過ぎても気付かなかった。自閉症や発達障害の兆候 [育児・子供の病気の体験談]

10963人に読まれました
2016-02-03 15:52
回るものが大好きで、コマをまわすのが凄く得意でした
  • 自閉症とは夢にも思わなかった

    私はわが子が自閉症や発達障害があるなんて、3歳を過ぎても全く気づきませんでした。
    3歳までの発達検診のときにも一度もひっかかることがなかったし、相談していた機関でも、そのようなことは一切言われなかったのです。
    母子手帳などの検査項目に書いてあった
    「目線が合わない」
    「名前を呼んでも返事をしない」
    「喋らない」
    などの項目が、自閉症の診断基準であるのは分かっていましたが、それらに当てはまることもなかったので、まさか自分の子供が自閉症とは夢にも思いませんでした。

    皆とあわせて行動ができないし、落ち着きがなさすぎるけど、まだ2歳だから落ち着きなんてなくて当然だと思っていたし、いずれ落ち着く日が来るんだろうと思っていました。
  • 自閉症の兆候

    なぜ自閉症だと疑いだしたのかというと、息子が頻繁にグルグル回っていたり、横目で物を見る癖があったのですが、
    その行動がちょっと異常に見えて、気になってインターネットで検索したのです。
    そうしたら、自閉症の症状としてあげられている例の当てはまること!

    グルグル回るものが好き、自分も回る。
    オウム返しをする
    逆さバイバイをする
    集団行動ができない
    癇癪がひどい・・・など

    調べれば調べるほどに、息子は自閉症だろうという思いは強まりました。
  • 自閉症の診断基準を低くするべき!

    市でもらえるたくさんの子育ての本や、子育てについて相談した色々な機関があったのにもかかわらず、
    なぜ、私が自分で気づくまで、分からなかったのだろうと凄く疑問に思いました。
    自閉症にも軽いものから重いものまで、症状は様々です。
    なぜもっと分かりやすく自閉症のことを、もっと小さなときから教えてくれなかったんだろう。
    息子に関わったたくさんの先生方は、たぶん、発達障害だと気づいていたと思われるのに、なぜはっきり言ってくれなかったんだろうと、憤りを覚えました。
    診断名は重要じゃなく、その子に合わせた指導をしていくのが大事、とどこの機関でも散々言われましたが、
    それってまずは、親が子供に発達障害があるということを理解することが大前提だと思います。
    そうでなければ、なぜ子供は周りと合わせられないのか?という疑問が晴れません。
    親に配慮してのことだったのかもしれませんが、私はその方針はとても納得できないし、少しでも多くの子供たちが救われるように、もっと診断基準を低くするべきだと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

発達障害の特性は人間誰でも、多かれ少なかれ持っているものだと思います。
障害のボーダーラインがあいまいなので、こうだったら発達障害で、こうだったら健常者、とは言えなくて、見極めることはとても難しいものです。
赤ちゃんのうちから、落ち着きがないから、名前を呼んでも振り向かないから発達障害かも、決め付けるのは早いと思います。
でも、明らかに周りに合わせられない、ママが毎日とても大変な思いをして子育てをしているという方は、発達障害、あるいはそれに近いのかも?と考えて、
無理に周りに合わせようと頑張らないで、その子に合わせた指導をするべきです。
それにはやっぱり専門の機関に相談することがまず一番です。
障害だと分かっても、その子に合わせたやり方が見つかれば必ず伸びますので
恐れずに前を向いていきましょう。
23

妊娠3歳前後の体験談

自閉性障害(自閉症)の関連カテゴリ

上へもどる