カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 無痛・和痛 >
  6. 無痛分娩への理解のない親たち
無痛・和痛

[18w]無痛分娩への理解のない親たち [妊娠・出産の体験談]

2320人に読まれました
2016-09-05 15:30
義両親への妊娠報告の際、どういう風に産むの?と聞かれたので「無痛で〜」と話したら「ぇええ??」と。
まさかそんな反応が返ってくるとは思いませんでした。というか、そんな反応が返ってくると知っていたなら「自然分娩です〜」とニコニコしながら腹の中では「本当は無痛だけどな!(怒)」と言っていた事でしょう。

義両親は支配したがる親たちです。尊重されるべきは親たちの気持ちと思い込んでいます。
あ〜本当に面倒。。失敗したなぁ〜と思いました。

それ以降、電話で話したり会うたびに「本当に無痛分娩にするの?もう決めちゃったの?」としつこく自然分娩の良さを語られ、自然分娩にするよう説得してきます。日本はまだまだ自然分娩こそ美しいと思い込んでいるのね…と実感した出来事でした。

ちなみに、私の親もはじめは「え〜?自然分娩がいいよ〜」と言っていましたが、私が「やだ(¬_¬)」というと「そう」と言ってくれるライトな親だったので、全然苦労しませんでした。

  • 選択の自由

    私の身内や友人には無痛で産んだ女性がいっぱいいます。中には1人目は自然分娩、2人目は絶対無痛にする!と言って無痛にした方も何人かいました。
    無痛分娩を否定的とらえる世代、無痛にしたくても対応病院が近くになくて無痛分娩で産んだ方を「楽して産んだくせに!」と妬む方たちもいますね。

    私は自然分娩を否定するつもりなんて全然ありません。1番大事なのは本人の意志が尊重されることだと思います。

    自然分娩もリスクがないわけではないですよね。何を選んでもメリット・デメリット両方あるものだと思います。

    でも、自分で決めた事の方が後悔しないでしょ?自分で背負います。という覚悟で私は無痛分娩にします。
  • 自分の意志が尊重されるべき

    「自然分娩は安心・安全そして美しい!」ってホント?
    義母は色んな言葉で言いくるめようとしてきました。私の考えが理解されず苦しかったです。でも、従っていたら私の場合は死ぬほど義母を恨むと思います。そして何か問題があれば「この人に従ったせいでこうなった」と頭の片隅で思い続けると思うのです。

    色んな選択肢があっていいでしょう?
    私は「自然分娩」、私は「帝王切開」、私は「無痛分娩」。その全てに「そうなんだ(^^)がんばってね♪」と返答してもらえる時代になってくれたらいいなと思います。
5

妊娠18w前後の体験談

上へもどる