カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 胎児の状態 >
  5. もっと胎児に栄養を送る!お腹の中の赤ちゃんを大きくする方法
胎児の状態

[20w]もっと胎児に栄養を送る!お腹の中の赤ちゃんを大きくする方法 [妊娠・出産の体験談]

10765人に読まれました
2016-02-09 14:29
毎回の妊婦健診で指摘されるのが、母体の体重が増えている割に赤ちゃんが大きくならないね、小さめだねということ。
  • 小さく赤ちゃんが生まれるのは体質?

    詳しい理由はわかりませんがどうやら私の場合体質に関係しているみたいで、前回の出産では管理入院し安静にしていたにも関わらず正期産で2400gという小さめの赤ちゃんが産まれました。

    小さいといろいろな成長や発達が遅れ赤ちゃんもお腹の中で苦しい状態が続くとのことなので心配です。何としてでも大きく無事に産まれてほしいものです。
  • 胎児を大きくする方法

    運動したら血流が良くなって赤ちゃんが大きくなるとか、安静にして身体の左側を下にして横になるといいとか、柑橘類を食べるとよい、りんごを食べるとよい、ごはんを2人分食べるとよい等胎児を大きくすると言われている方法は都市伝説ようなものまでいろいろとあるようです。

    病院で助産師さんに聞いたところ、左側を下にして横になるのは血流がよくなり赤ちゃんに栄養が行きやすいという医学的根拠があるので一番のおすすめで、もう一つは水分をたくさんとって血液の循環をよくるすこと、あとは根拠はないけれど柑橘系フルーツ、ミカンやオレンジ、グレープフルーツ等を食べると赤ちゃんが急に大きくなったということを話す妊婦さんが多いとのことでした。

    今回の健診でも赤ちゃんが小さめと言われています。もうすぐ冬に向けて柑橘類が出回る季節。これはみかんを食べてゆっくり横になるしかない!とここぞとばかりにのんびり妊婦生活を楽しもう思います。

みんなへメッセージやアドバイス

検診で小さめといわれると心配になります。
4

妊娠20w前後の体験談

上へもどる