カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 症状・痛み >
  6. 子宮口が開かない…一人目の出産体験記 その1
症状・痛み

[39w]子宮口が開かない…一人目の出産体験記 その1 [妊娠・出産の体験談]

6787人に読まれました
2016-06-28 16:54
一人目の出産…今思い返しても思い出したくないです…笑
とにかくとにかく痛くて痛くて、子宮口が開かなくてしんどかったです。

39w4dの夜22時。
軽い生理痛のような痛みから陣痛は始まりました。
始まってすぐに7分間隔になっていて、あれ?10分間隔とかから始まるんじゃないの?と焦ったのを覚えています。
このまま順調にいけば明日の朝には生まれるんだろうな~早く会いたいな~とか悠長に考えていました。

24時。病院に行き、即入院。
その頃には5分間隔くらいになり、痛みも重い生理痛くらい。
私は生理痛が激しく、何度か救急車にも乗ったことがあるので、このくらいの痛みではまだまだいけると思っていました。

しかし、、、5分間隔になっているのに、子宮口は0cm。。。。
まだこの時はこんなもんかと思っていました。

午前3時。かなり痛い。
もう息をするのもしんどいくらい痛い。。。
もうすでに3分間隔になり、休む暇もなく陣痛が押し寄せてきました。
付き添ってもらった実母は横で大いびき…イラッとしました。笑

午前6時。一睡もできずに朝を迎えました。
助産師さんが来て、いい陣痛来てるよ~と励ましてくれました。
そうだろうね…もう1分か2分かわからないけど、絶え間なく陣痛きてるしね…
でも子宮口は3cm。。。マジかよ。。。
私の中ではもうこの時間には生まれると思っていたのに、助産師さんも明日の朝だね~とか言ってたのに…
助産師さんは今日の午前中かな~と言って去っていきました。

そこからはもう本当に地獄でした。
休むことも食べることも飲むこともできず、ただひたすら叫びながら陣痛に耐え、時計を見ると11時半。
あ…もう午前終わるじゃん。。。

再び助産師さんがやってきて、子宮口は7cmまで開いてました。
「分娩台行きましょうか」
この言葉は私に勇気と元気をくれました。

その2に続く
0

妊娠39w前後の体験談

症状・痛みの関連カテゴリ

上へもどる