カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 対処法 >
  6. 食べたら気持ち悪い、食べつわり。妊娠中の食生活
対処法

[6w]食べたら気持ち悪い、食べつわり。妊娠中の食生活 [妊娠・出産の体験談]

5467人に読まれました
2016-03-02 10:38
妊娠したのが4月の後半。6月はじめからさっそくつわりが始まりました。
私のつわりのタイプは、食欲はあるけれど、食べた後に気分が悪くなる食べつわりでした。

食べたら気分が悪くなる、けど食べないと体がもたない。
とりあえず食べられる物をいろいろ探しました。
  • つわり中の食べ物、飲み物

    まずはお肉。匂いで気分が悪い、という事は幸い無かったので、美味しいお肉で力をつけようと食べてみました。
    数時間後、猛烈に気分が悪くなりました。やっぱり動物性の油はきついようです。

    次に、妊婦さんがハマるというトマトを試しました。
    確かに食べやすいし、酸味が気分の悪さを吹き飛ばしてくれます。
    でもそれは食事中だけで、やはり食べた後には気分が悪くなりました。

    果物類もいいと聞きます。季節的にも梨やスイカが出ていた時期なので、少しは食べられました。
    それ以外にオレンジ類も、食べるときは体が欲しがっているのですが、最終的には体に裏切られて泥のように横たわります。

    結果、食べられるものは、おにぎりやクラッカーなどの炭水化物と、果物を少々。
    パンも試しましたが、なんとなく食べづらかったのを覚えています。バターのせい?
    あとは水を少々。これも飲み過ぎると気分が悪くなるので、口を湿らせる程度で、回数を多くして水分補給していました。
  • つわり中の職場での食事

    職場にはお弁当を作って持って行っていましたが、試食用?ってくらい小さなおにぎりと、小さな小さな卵焼き。
    あとは果物を少々。鳥の餌?ってくらい。

    妊娠した途端にお弁当箱がとっても小さいサイズに変わってしまいました。幼稚園児でも、もう少し大きいでしょうに。
    それでも食べたら午後はグッタリという。もう本当に毎回毎回食べるのが辛くって、食べたいのに食べられない。
  • つわりの辛さを実感

    つわりが抜けた時には本当に気分が爽快でした。
    それと同時に「二度とつわりになりたくない」と思いました。
    食べつわりでこれだけ辛いので、食べ物の匂いや自分の唾液でも気分が悪くなる、食べられずに入院までしてしまう方は本当に辛い期間だと思います。

    結果として7月半ばまでつわりは続き、体重は2キロ減りました。

みんなへメッセージやアドバイス

数週間の我慢とはいえ、本当に辛いですよね、つわり。
でも無理して倒れたりしないように、危ないと思ったら病院に行く事をおすすめします。
1

妊娠6w前後の体験談

対処法の関連カテゴリ

上へもどる