カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 注意点 >
  6. 気を付けて!妊娠中に食べてはいけないもの一覧!!
注意点

[9w]気を付けて!妊娠中に食べてはいけないもの一覧!! [妊娠・出産の体験談]

11363人に読まれました
2016-09-05 15:15
妊娠中にはつわりでほとんどの食べ物を受け付けなくなる人もいれば、反対にとっても食欲が湧いてくる人も。確かに、おなかの中の赤ちゃんにも栄養をあげなければいけないわけですから、体にいいものをしっかり摂取したいですよね。
ですが、普段のわたしたちにとっては体に良くても、妊娠すると赤ちゃんを危険にさらしてしまう食べ物がたくさんあるんです。
今日はその代表的なものをいくつか紹介します。
  • 1.カフェイン

    これは有名な成分ですね。コーヒーや紅茶、緑茶や栄養ドリンクなど、様々なものに入っています。長期にわたってカフェインを摂取すると、妊娠の経過に影響を及ぼすことがあるんだとか。麦茶はカフェインが入っていないので、温めて飲むとよいですね。
  • 2.ビタミンA

    うなぎやレバーに豊富に含まれているビタミンA。妊娠初期に多く摂取していると胎児に影響が出るそうです。市販の栄養ドリンクにもビタミンAが多く含まれていることがあるので、妊娠中は飲まないようにしましょう。
  • 3.水銀

    主に生態系の上位にいる、マグロなどの大型の魚に多く含まれているため、妊娠中は摂取を控えたほうがよいとされています。ユメカサゴやキンメダイも同様に水銀の含有量が多い魚ですので注意が必要です。ツナ缶はOK!
  • 4.イソフラボン

    一般的に女性に嬉しい大豆イソフラボンですが、妊娠中に過剰に摂取すると胎児に異常がでる可能性があると言います。実際のところどれくらいとると異常が発生するのか確定していませんが、多量に摂取するのは控えたほうがよいでしょう。
  • 5.アルコール

    これは誰もが知っていることですが、妊娠中にアルコールを取ると、胎児の成長を妨げてしまうそうです。お酒が大好きな人はつらいでしょうが、妊娠中は必ず禁酒しましょう。

みんなへメッセージやアドバイス

実は今日紹介したもの以外にも、胎児にとって心配な栄養成分はたくさんあるんですね。
ですが、お母さんが口にしたものはすべて赤ちゃんに運ばれてしまいます。
赤ちゃんを守れるのはお母さんであることを自覚して、バランスのいい食事を心がけることが重要ですね。
6

妊娠9w前後の体験談

注意点の関連カテゴリ

上へもどる