カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 生活習慣 >
  5. 低AMH値の妊活。生活習慣の見直しをしました。
生活習慣

低AMH値の妊活。生活習慣の見直しをしました。 [妊娠・出産の体験談]

790人に読まれました
2015-10-22 00:38
AMH値0.43からの妊活はまず手当たり次第いいというものを取り入れることから始めました。
一緒に暮らしている彼がいるものの未婚である私にクリニックでは不妊治療を施しては頂けなさそう…
ならば自分で出来る事を取り入れるしかなかったのです。


①腹巻きを買う。
おなかを冷やしてはいけないということで年がら年中腹巻きライフのスタートです。夏は夏用の涼しい素材の腹巻きをしおなかを冷やさない生活を心がけました。新しい職場では夏もフリースのブランケットも使っていました。

②飲み物はルイボスティーにチェンジ
冷たい飲み物は控え、常温〜温かい飲み物を飲むようにしました。
また妊娠にいいと言われているルイボスティを積極的に飲むようになりました。


③卵には卵!魚卵を食べる。
魚卵、鶏卵と「卵」のつくものを食べるようにしました。ゆで卵は苦手でしたが頑張って食べていました。

④よもぎ温座パッドを使う
市販されているよもぎ温座パッドを特に冬は使っていました。(発熱するナプキンのイメージです。)

⑤基礎体温を付ける
基本かもしれませんが、一度も付けた事がなかった基礎体温を付け始めることにしました。
記録は携帯のアプリにしていました。

⑥排卵検査薬を購入
より正確な排卵日を特定するために排卵検査薬も使用しました。

⑦規則正しい生活
不規則な生活から脱却が一番いいかと思い、自分なりに出来る限り実践しました。
あと食べ物にも気を遣うようになりました…

思いつく限りの事を実践し、待望の妊娠はこの一年後でした。



みんなへメッセージやアドバイス

AMH値が低くても妊娠は可能だということを身をもって体験しました。
0

上へもどる