カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 一人目出産~陣痛~出産③
陣痛

[39w]一人目出産~陣痛~出産③ [妊娠・出産の体験談]

3052人に読まれました
2015-10-22 10:36
そこで、はじめて助産師さんによる内診。
「今、2センチくらい開いているのでとりあえず、お部屋で過ごしてください」と言われました。「まだ、2センチ?こんなに痛いのに?」
がっかりしたのと、まだまだこの痛みが続くことへの不安しかありませんでした。
今となっては2センチくらいだったら全然動けただろうと思うのですが、ひたすらベットに横になって声を噛み殺し耐えていました。
そんな私を見て、母は私が痛いというところを汗だくになりながらマッサージしてくれました。1時間ごとくらいに助産師さんを呼んで内診してもらうものの、1センチごとしか子宮口は開かず。
お昼になり、おいしそうな食事が運ばれてきました。
食べれる状況ではありませんでした。
そんな中、タイミングよく、祖母、母の妹、そして、陣痛の引き金?となった妹が登場(笑)
「2日酔いだよ~」という会話。
「おいしそうなお昼ご飯だけど、食べないの?食べていい?」と、3人で賑やかに食べ始めました。
痛みで声には出しませんでしたが、そのときの私のイライラは相当でした(笑)
正直なところ、「何しに来たんだぁ~。お昼食べに来たのかぁ」と叫びたかった。
産んだら言ってやると心の中で決めました(笑)
お昼を食べ終わると、「仕事行くから、姉ちゃん頑張って」と帰っていきました。
やっと静かになった。
そこから、数時間たったころ。
痛みもピークに。
内診結果。全開。やっと来た!
1

妊娠39w前後の体験談

上へもどる