カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. ミルク >
  5. 完全ミルク家庭の哺乳瓶事情
ミルク

[0歳2ヶ月]完全ミルク家庭の哺乳瓶事情 [育児・子供の病気の体験談]

1424人に読まれました
2016-08-19 16:50
出産直後は、母乳が飛ぶように出ており、完母でも大丈夫なのでは?などと思っていましたが、吸わせ下手・吸い下手な母子だった私たちは、産後2週間ほどで、早々にミルク中心の生活に切り替わりました。
2ヵ月後には、完全ミルクに。

おっぱいをあげられないのは残念だけど、お互い大変な思いをしながらの授乳より、私たちにはミルクのほうが心穏やかにコミュニケーションが取れたので、思い切ってミルクに変えてよかったなと思っています。

今ではおっぱいを吸っていたことも忘れているので、吸わせようとしてみると、「は?(´・_・`)」というキョトン顔を向けられます(笑)
完全ミルクではどんな日々になるのか、哺乳瓶事情をご紹介します☆
  • 月齢に応じて乳首を買い替え!本数もたくさん必要!

    初めは3本の哺乳瓶しか購入しおらず、ミルクの回数が頻繁だったうちの子は、ちょっと飲んでは「もういらない」の繰り返し。
    一日に何度も洗っては消毒し・・・の生活でした。
    哺乳瓶のストックがなくなると、真夜中でも洗って消毒して・・・
    3本じゃやってられない!となり、あと2本購入。
    今では5本の哺乳瓶を使用しています。

    また、哺乳瓶の乳首は、赤ちゃんの吸う力によって、新生児期用、3カ月から用、6ヶ月から用、と買い換えなければならず結構なお値段になります。
    新品未使用のお品をネットで探したり、譲っていただいたりして対応しました。
  • 外出も結構大変、コツを覚えることが大事

    外出も、母乳ならおっぱいひとつですが、ミルクはそうは行きません。
    まず哺乳瓶を外出時間に合わせて数本、そしてミルク、お湯の水筒に、湯冷ましの水筒。
    オムツポーチなどその他の荷物とあわせると、ちょっとした旅行ほどの荷物になります(^^;)

    最近は慣れてきて、お湯はデパートの授乳室のものをあてにして、自宅からは1回分だけもって行き、ミルクは先に計っておいて、
    哺乳瓶に入れておく(不衛生だと思う方もいらっしゃるかもですが・・・^^;)など工夫しています。

    ミルクと違って、どこでもあげやすいっていう利点もあるので、少々大変でも仕方ないっていう気持ちで持ち運んでいます。

みんなへメッセージやアドバイス

いろんな事情があって、母乳をやめちゃあった人、ミルクしかあげれない人もいると思います。
目と目と合わせて、コミュニケーションをとりながら与えるようにすれば、母乳とぜんぜん変わらないと私は思います。栄養もばっちりですし☆
母乳じゃないことに負い目を感じる方も多いと聞きますが、ミルクでも全然大丈夫!
すくすく健康で、ママ大好きな子になるから安心してよいと思いますよ(*^^*)
3

上へもどる