カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 記念・思い出 >
  5. 夫婦で楽しく思い出作り!マタニティフォト☆
記念・思い出

[20w]夫婦で楽しく思い出作り!マタニティフォト☆ [妊娠・出産の体験談]

1400人に読まれました
2015-10-29 15:48
妊娠は一生のうちにそうあるわけではありません。
妊娠発覚を伝えてから、先輩ママに妊婦姿は本当に貴重だから、たくさん写真撮っておいたほうがいいよ!と言われ、軽いつわりが長続きしていたし、仕事もしていたので、わざわざそのために動くのめんどくさいなと思っていたけど、たしかに!と思い立ち、さすがにスタジオで撮るほどの情熱は出なかったのですが、主人とお出かけするたびに、全身で写真を撮るようになりました。

お腹が目立ち始めた6ヶ月頃からは月に1度プリクラを撮るようにしました。細く加工されてしまうので、月ごとの違いはあまりわかりませんでした。あとはふと気づいたときに自撮りで横からお腹を写メしました。
主人にお腹にかわいく落書きをしてもらったり、仰向けの状態のお腹も撮りました。
なんだかんだお腹が大きくなってくるにつれ、この姿を残したいと思うようになり、主人のほうから「お腹撮ろうか?」と言ってくれるときもありました。

今年の4月の半ばに予定日より1週間遅れて出産したのですが、ちょうど桜が咲き始めた頃で、季節の花と撮るしかないと思い、散歩がてらに近場の公園を巡り、たくさん桜が咲いているスポットを探したりしました。
のりのりで付き合ってくれた主人にとても感謝しています。

来年の4月にはお腹の外に出ている娘と、同じスポットに行って写真撮影するのが楽しみです。とても不思議な感じです。たくさん写真を撮っておいてよかったです。

みんなへメッセージやアドバイス

見返すと懐かしくなって、当時を思い返すのが楽しいです。
2

妊娠20w前後の体験談

上へもどる