カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 産後のお尻クライシス!出産時にできた痔は治るの?治らないの?
その他

[0歳0ヶ月]産後のお尻クライシス!出産時にできた痔は治るの?治らないの? [妊娠・出産の体験談]

10417人に読まれました
2016-08-05 17:33
息子を出産する際、指一本分の何かが出てしまったワタクシ。
いわゆる産後の痔を経験、立派な痔主となってしまったわけですが・・・
産後の痔は治るの?それとも専門の病院に行くべき?
※イラストは出産の瞬間です・・・
  • ネリプロクト軟膏で短期回復

    入院初日から、6か所程度切り込みを入れられた会陰よりも肛門の痛みに耐えられなかった私は、何でもいいので痔の薬がほしいと助産師さんに相談しました。
    そこで処方されたのがネリプロクト軟膏でした。
    1回使いきりのチューブ式座薬でしたが、出きってしまったお尻に注入するのは拷問です。
    少しずつ指につけて、1本を3回くらいに分けて使用しました。
    おかげさまで、入院3日目には注入できるくらいに回復し、退院するまでにはほとんど痛みを感じないくらいまでに回復しました。
    ネリプロクト軟膏というと、ステロイド剤になりますので授乳中の使用はためらいがち。
    私がお世話になった産院では、前置きもなく処方されたのでこれがステロイドであることは後から知ったのですが、とにかくよく効きました。
  • 授乳による水分不足で切れ痔に・・・

    産後2週間ほどはお尻事情も快調に過ごしていたワタクシですが、息子の授乳ピッチが上がるにつれ、母体に必要な水分まで奪われてしまい、肌はガサガサ、お尻は切れ痔という最悪の状態を迎える羽目に。さらに治ったはずの痔も再発。
    私の肛門は、切れるわ、腫れるわの非常事態に陥りました。
    そんな状況でも、できる限りステロイド剤は使いたくないと、市販の軟膏と水分を大量に摂取することで凌いできましたが、産後3週間目には毎日「肛門科」「痔の手術」で検索するほど心身ともに疲れ果て、育児に集中できない日もありました。
  • 産後検診で相談

    お世話になった産院では、2週間目、4週間目に産後検診がありました。
    恥ずかしいなどとも言ってられず、先生と会った瞬間に痔の相談をしてしまいました。
    デリケートな部分の話ですので、肛門科に行くにしても病院を紹介してもらえれば・・・と思ったためです。
    先生は一笑して
    「大丈夫、大丈夫、痔は治るからね。肛門科なんていかなくて大丈夫!」
    と、例の薬を処方してくださいました。
    もはや、
    「ステロイドが・・・」
    などと言っている余裕もないくらいの状況だった私は、母乳に出る影響より痛みによるストレスで穏やかに育児ができない状況のほうがよろしくないはず!と1か月分のネリプロクト軟膏を大事に抱えて帰ってきました。
  • 基本うす塗り、耐えられないときだけ注入

    依存してしまわないように、傷の部分にだけチューブから出してうす塗りをし、排便後に相当に裂けた自覚があるときだけ注入という使い方をしました。
    排便後は必ずシャワーでよく洗いました。それだけも、痛みが緩和されます。
    そうこうしているうちに、産後3か月目前。最後の1本となってしまった頃。
    ようやく、お尻の痛みを忘れる日が訪れたのです。
    授乳量が安定し、必要な水分を飲食で補えるようになったせいかもしれません。
    長い戦いは終わったのです。
  • 医療保険は痔の手術は適応されるのか?

    上記のとおり、一時期はとり憑かれたように痔の治療について調べていたワタクシですが、痔の手術は医療保険が適用されるのかどうかも検索しておりました。
    その時は「適用されない」という記事ばかりにしか出会うことがありませんでした。
    ところが、保険の種類によっては適用されるものがあるのです。
    今回、お世話になることがなかった肛門科ですが、何でも恥ずかしがってないで尋ねることが大事だと気付かされました。
    万が一の時は、確認してみると良いと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

産後の痔でネットを検索されている、同志の方は多いのではないでしょうか。
私は幸いにも、産婦人科で処方された薬で回復するに至りました。
やせ我慢はストレスにしかなりません。
早めに出産された産院に相談されるのが良いと思います。
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる