カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 年齢差 >
  5. いつから妊活する?我が家の家族計画
年齢差

いつから妊活する?我が家の家族計画 [妊娠・出産の体験談]

563人に読まれました
2015-10-30 11:53
結婚前から、子どもは3人を希望していました。
私が3人兄弟で、母が「3人いると社会が出来る」とよく言っていたことが大きく影響していると思います。

主人と付き合っている時から、「私は3人子どもが欲しいんだぁ」ということは伝えていました。
その時は、「ふーん。そうなんだ。」という反応だったのですが、私はてっきり主人も同じ考えだと思い込んでいたのでした。
  • えっ?子どもはいなくてもいい?

    しかし、いざ結婚して子どもについて話してみると意外な答えが。
    「俺はお前がいれば楽しいし幸せだよ。別に子どもがいなくても、仲良く暮らせると思う。もっと二人の時間を楽しみたいし焦らなくて良いんじゃない?」

    子どもがいなくてもいいなんて初めて聞いたし、とにかくビックリして言葉が出ませんでした。
    まだお互い20代だったので、私も焦っていたわけではないのですが、3人産むなら一人目もある程度早い方が良いと思っていて。

    でも私は結婚して仕事が変わったので、せめて一年間は働いてから妊活しようと自分なりに決めました。
    主人の気持ちも、ゆっくり変えていこうと。
  • いよいよ妊活開始

    結婚して1年が経ち、そろそろ妊活スタートさせたいと思った私。
    「子どもがいたら、もっと楽しいかもしれない。私は子どもが好きだからやっぱり欲しい。できれば3人が良い。」ということを、
    それとなく、やんわり伝え続けたことが功を奏したのか、主人も子どもを持つことに前向きになってくれました。

    でも「3人は多すぎだろう。1人で十分だよ。」という感じでした。

    とにかく妊活についてはお互いの気持ちが揃ったので、排卵日の前後を意識して妊活しました。
    ちなみに、私は結婚前から基礎体温をつけていたので、排卵日の予想は立てやすかったです。
    基礎体温をつけていたのは、自分の体調管理や生理日の予測に役立っていたことが主な理由でした。

    でも半年が過ぎても妊娠せず、
    排卵日が平日だったりすると主人が「仕事で疲れているのに、家に帰ってもプレッシャーが残っていてキツイ」と言われるように。

    なんとなく子作りの話しをするのがタブーな感じになってきて、私も排卵日のことを言うのもためらうようになっていました。
    でも子どもは欲しいので、排卵日に近い週末だけでもお願いすることは続けました。
    そして妊娠しないまま1年が過ぎました。
  • ついに妊娠!環境を変えたのが良かった?

    妊活開始から1年。
    主人が旅行に行こうと言うので、計画を立ててもらいました。
    日帰りもできる距離でしたが、知り合いのレストランでゆっくり食事したいという理由でホテルに泊まることに。
    当初は排卵前の日程で計画していたのですが、レストランの都合で一週間遅くなってしまいました。
    その日だと、きっと排卵が終わっている。ちょっと残念でしたが、旅行が楽しみだったので気持ちを切り替えられました。

    お昼からデートして、夜は美味しい食事をし、ホテルへ。

    それから2週間後、基礎体温が下がったので生理が来ると思っていたのですが、
    次の日からまた上がり、そのまま高温期が続きました。

    あれっ?もしや?と思い、念のため準備していた検査薬を試したところ、陽性が出ました!

    よく環境が変わると妊娠しやすいと聞きますよね。
    我が家の場合も、おそらく旅行に行ったことが良かったんだろうなぁ、と実感しています。

みんなへメッセージやアドバイス

我が家はその後2人目も生まれ、現在4人家族です。
2人目もどうにか説得して同意を得られました。
私はやっぱり3人を希望しているのですが、主人は3人目は難しいときっぱり言っているので諦めモードです。

子どもを持つことって、特に男の人は経済面での覚悟が必要なようですね。
希望しても授かるとは限りませんが、子育ては人生を大きく変える出来事であることは確かです。
夫婦でしっかり話し合って、納得いく答えが出せたら良いですね。
1

上へもどる