カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. 内祝い >
  5. 【育児体験談】センスを問われる内祝いの手配
内祝い

[0歳2ヶ月]【育児体験談】センスを問われる内祝いの手配 [育児・子供の病気の体験談]

153人に読まれました
2015-10-30 11:28
内祝いは
生後1か月経過したころ
品物の金額はいただいた金額の半額を目安にすること
が一般的なようです。

我が家は、頂くタイミングがまちまちだったのと、産前に何も考えていなかったので、2か月過ぎてしまいました。名入れの商品は、10日~15日ほどかかるようなので注意が必要です。
内祝いの選び方は産院でもらった、たまひよの内祝いのカタログにしました。かわいいという理由からです。
さて、夫の親戚筋の品選びはお義母さんの意見を尊重しました。
最初にこちらで候補を挙げて、お伺いを立てようと夫だけ実家にカタログをもっていってもらい相談してもらいました。産褥期間で体力的に出かけるのがつらかったため。
紅白の乾麺うどんとおもちのセットを提案したのですが、ダメだしをもらい、ラスクと瓶詰のクリームのセットになりました。
ラスクに落ち着くまでは、かなりの議論があったようで、帰ってきた夫は珍しく不機嫌でした。
正直………娘とお留守番していてよかったと思った瞬間です。
嫁の立場なので、強く主張することもできす、二人に意見求められても困るので。

夫は自分の主張が通らなかったことに対して憤慨していたので、包み紙や無料で添付できるメッセージカードは夫の自由にしてもらいました。

自分の友人に対しての品は、私が自分で決めました。選んだのは名入れカステラと焼き菓子のセットにしました。名入れの品が形に残るものだと処分に困ると思い、形が変に残らないものを選びました。

みんなへメッセージやアドバイス

出産して1か月くらいは、赤ちゃんの世話と自分の体力が回復しきっていないため、やりたいこともままならない状況ですので、出産前の余裕があるときに、ある程度決めておくと良いと思います。
1

内祝いの人気体験談ランキング

ひろばランキング

上へもどる