カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 人工授精(AIH) >
  5. 人工授精(AIH)3回目で妊娠
人工授精(AIH)

人工授精(AIH)3回目で妊娠 [妊娠・出産の体験談]

1002人に読まれました
2016-04-07 13:03
私は3回目の人工授精で妊娠することができました。

1回目は2015年3月。
元々排卵障害があったため、周期5日目からフェマーラを服用。
5日間服用しましたが卵胞の育ちがゆっくりだったので、フォリルモンという筋肉注射を1日おきに3回打ちました。
そして再度卵胞チェックをしてもらうと1つ大きく育っていたので、イトレリン点鼻薬を処方してもらい、その日の21時と22時に点鼻しました。
そして翌日、人工授精を行い、hCG5000を打ってもらい帰宅。
無事、排卵を2日後に確認し穏やかに高温期を過ごしましたが、あっけなくリセットしてしまい、2回目のトライは4月に決行。
しかしこれもリセット。

3回目にトライしようと筋肉注射に通っていましたが、卵胞が育ちすぎてしまい、多嚢胞気味になっていたため、プレマリンとルトラールで強制リセットせざるを得ませんでした。
とても悲しくて、泣いたのを覚えています。

次の周期も同様に卵胞を育てていましたが、多嚢胞になりかけていたため、薬も注射もいったん中止し、数日間様子を見ることになりました。
すると、左右の卵巣に1つずつ大きな卵胞が育っていました!
急遽翌日に人工授精を行えることになり、hCGを打って帰宅。
翌日は午前中休暇を取って病院へ行きました。
6月上旬のことでした。

見事、この3回目のトライが実を結び、今妊娠7か月。
最初の2回は人工授精のあとお腹が張ったり、出血があったりしましたが、3回目の時はそういうことがなく、人工授精自体の痛みも感じず、私自身がリラックスして受けることができたのも良かったのかもしれません。

みんなへメッセージやアドバイス

人工授精は一人ではできないので、働いてる方は特に旦那様の都合や、自分自身の仕事の都合に左右されますよね。
私も、注射を打ちに病院へ行くために定時ダッシュをしなければならなくて、申し訳ない気持ちになった時もありますが、赤ちゃんのため!と割り切っていた部分もありました。

写真は兵庫県のコウノトリです。
2

上へもどる