カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. トラブル >
  6. 骨盤を広げるマクロバーツの体位?お産で経験したアクロバティックな体勢…
トラブル

[40w]骨盤を広げるマクロバーツの体位?お産で経験したアクロバティックな体勢… [妊娠・出産の体験談]

3913人に読まれました
2016-02-10 14:57
3人の子供を出産した私ですが、1人目は吸引、2人目は普通に安産、そして3人目でちょっと難産といろんなお産を経験しました。
その3人目で経験した体位があまりにも衝撃的だったので、体験談として紹介したいと思います。

その名も「マクロバーツ体位」!!
ちなみに、今放送中のコウノドリの第一回で臼田あさみさんの出産シーンでやっていた体位です。
  • 一筋縄ではいかないお産

    3人目の出産ということもあり、正直余裕ぶっていました。
    陣痛が始まった4時間後、病院へいくと子宮口は6cmほどまで開いている状態。
    頭ももうそこまで下りてきているから、すぐに産まれるでしょうとのことでした。

    病院へ到着して陣痛の間隔が短くなるまで、陣痛室で待機。
    2時間ほど様子を見ながら、子宮口が8cmになるまで陣痛室にいましたが、それほど陣痛の痛みもなく、まだかな~といった感じでした。

    ですが、経産婦ということもあり早めに分娩室へ移動し、子宮口もある程度開いているため分娩室で陣痛促進のため破水。
    その後、強い陣痛が始まり約1時間で「さぁ産むぞ!」という状態になりました。
  • さぁ産むぞ!が中止?

    さぁ今からいきむぞ!と分娩台があげられ、足も上へあげられたのですが、一度内診したところで台を下げられたのです。

    実は、毎回骨盤のズレか異常が私にあるようで、赤ちゃんがうまく旋回できずに降りてこないという状態になっていたようです。
    しかも、頭が大きすぎて尾骨に引っかかっているとのこと。

    でも、もういきみたくていきみたくてしょうがない状態にまでなっていた私は、そのことを助産師さんに伝えました。

    そして、通常の分娩の体位ではなく、マクロバーツ体位という、両足を胸につくまで抱え込んだ体位でいきむことになりました。

    これがまぁきつくてきつくて。
    しかも、それでもなかなか出てこず、この状態で約1時間いきみ続けることに…。

    赤ちゃんが産まれてくるには、押し出す力を加えてあげなければ出てこない。そう言われ、ひたすら陣痛のタイミングでいきみ続けました。
    30分くらいは何とか頑張れたのですが、さすがに足もプルプルになり力が入らない状態に。
    一度足を下ろしてもらい、しばらくの休憩。
    でも、陣痛の痛みはマックスでもがきながら足を休ませました。
    そして数分の休憩後、またマクロバーツ。
    全身疲労といきみ続けたことで、酸欠状態になり酸素マスク着用。
    もう、意識も飛びそうなくらいクラクラしていました。
    でも、一番狭い産道で赤ちゃんが苦しんでいると思うと、早く出してあげなきゃ!という気持ちになり、体力が続く限り必死にいきみ続けました。

    そして…その約30分後、やっとの思いで誕生してくれました。

みんなへメッセージやアドバイス

お産は産まれる瞬間まで何があるかわからない、ということを三人目の出産で改めて実感しました。
マクロバーツの体位で1時間は本当に過酷すぎて、出産後は丸2日間、全身筋肉痛で動くことができないくらいでした。それでも、無事産まれてきてくれたことの喜びが大きすぎて今では痛みなんて何も覚えていません。
私個人の意見としては…妊娠~出産で一番つらかったのは悪阻。お産は痛いですが、この痛みはすぐに忘れられますよ。
1

妊娠40w前後の体験談

上へもどる