カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 運動 >
  5. 妊婦さんに良いのは畑仕事?骨盤を鍛えて安産を目指す!
運動

[14w]妊婦さんに良いのは畑仕事?骨盤を鍛えて安産を目指す! [妊娠・出産の体験談]

3305人に読まれました
2016-02-17 16:42
「みなさん!骨盤を鍛えましょう!」骨盤教室での、先生の第一声でした。
妊婦さんの間にやることのイメージは、マタニティヨガやマタニティスイミングといったものだったので、骨盤、という言葉は、あまり意識したことがありませんでした。
そして、面白いのはここから。妊婦さんの間でできる一番いい仕事は「畑仕事」だというではありませんか!
  • *日本人女性の驚くべき”骨盤力”*

    今でこそ私たちは「えー!畑仕事!?馴染みがありません!」なんて言いますが、おばあちゃんぐらいの世代に言うと、案外けろっと答えます。「うん、そうだよ」なんて。
    考えても見れば、昔の女性は足腰をめちゃくちゃ使っていました。
    食器洗浄機なんてもちろん、洗濯機もなければ水道だって無い時代。水は汲んで運んでくるものだし、車もないからどこへ行くのだって歩きです。
    ”鍛える”というより、自然に使っていたんですね。
    今の私たちが同じくらい鍛えようと思ったら、「毎日三時間」は歩かなくてはならないようです。
  • *出産はフルマラソンより体力を使う*

    たまに、「私妊婦さんの間に運動してたけど、難産だったわよ。運動なんて関係ないんじゃないかしら」なんて仰るお母さんがいらっしゃるそうですが、先生に言わせると「甘ーい!」だそうです。週に二回の30分のマタニティスイミングを優雅にこなしたところで、赤ちゃんを産むだけの体力など備わらないのが事実。
    考えてもみれば、納得できます。フルマラソンでは、かなりゆったり走っても7時間もあればゴールできます。それでも、めちゃめちゃしんどいですから、その前に一生懸命トレーニングしますよね。週に二回の30分ランニングではとても足りません。
    一方で、出産は7時間で生めば”早い方”なのではないでしょうか。フルマラソンよりもより多くの体力を使うのです。「毎日三時間歩く」というのもうなづけます。
  • *妊娠中はたくさん動こう!*

    まして「安静に」なんてしてたら、全く動かなくても済んでしまうのが現代の生活。
    通常の動きで赤ちゃんに負担がかかることはそうそうありません。
    ここはひとつ、たくさん動いて、たくさん運動しましょう。

みんなへメッセージやアドバイス

え!動いていいの!?というのは意外な事実かもしれませんが、
現代は「動かなさすぎ」の方が問題になってきているくらいです。
「動きすぎて赤ちゃんが流れる」というのも、ほぼ迷信だと思ったほうがいいそうです。
スポーツだけじゃなく、家事も運動のひとつ。
動けば気分も晴れますから、ぜひ運動しましょう!
1

妊娠14w前後の体験談

上へもどる