カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 発達障害 >
  5. 発達障害と自閉症~言葉と癇癪~
発達障害

[1歳6ヶ月]発達障害と自閉症~言葉と癇癪~ [育児・子供の病気の体験談]

5890人に読まれました
2016-03-25 16:00
( ゚▽゚)/コンニチハ!

長男には発達障害と自閉症があります。
育てて行く中で薄々気がついていて自分で調べていたりもしました。

前に記事に書いた泣き、その他は癇癪、こだわり、偏食、匂いに凄く敏感、言葉が出ないなどが当てはまっていました。
  • 発達障害と言葉

    1歳半健診までの時点で喋れてたのは、単語と宇宙語笑

    ママ パパ あーわん(動物全般) ブーブ(乗り物全般) パンパン(アンパンマン)だけでした。

    ちなみに次男の1歳半はペラペラ2語3語話してました!

    ママ、これなーに?
    ママ、〇〇やって!
    バナナ食べるー!
    お風呂やーだーなど

    長男はその後も2歳半までほとんど赤ちゃん言葉でした。
    3歳ちょっとになったころいきなり言葉が爆発!それと同時に喋りたい気持ちが先走り、吃音(きつおん、どもりとも言いますが今は差別用語になっています。)にもなってしまいました。

    吃音は半年未満で治る場合はその時の喋りたいという焦りだけで済み、半年以上続いた場合は慢性になったりするそうです。

    長男は今でも説明しようとすると吃音になる時があります。
  • 発達障害と癇癪(かんしゃく)

    癇癪はとにかく泣いて怒鳴る!
    すこーしでも気に入らないとすぐ起こります。

    おかげで外出や外食の時はいつも気を使ってしまい、外に行くのが億劫になっていた時もありました。
    今ではお気に入りの物を持って出掛けたり、バスに乗る時などは景色を楽しんだりして気を紛らわせたりしています。

    画像:著者

みんなへメッセージやアドバイス

お菓子や飲み物、おもちゃやタオルなど、お気に入りの物をみつけると少し楽になりますよ♪
3

上へもどる