カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 帝王切開 >
  6. 8ヶ月半検診…突然の出産
帝王切開

[30w]8ヶ月半検診…突然の出産 [妊娠・出産の体験談]

1751人に読まれました
2015-06-26 12:51
順調だった妊娠生活が一変、検診時に子宮口が1cm開いてる事が発覚。
緊急入院をしましたが、次の日の朝に大量の出血でNICUのある病院に緊急搬送。
すぐに緊急帝王切開となり、30週と2日で1408gの男の子を出産しました。
  • 「出産は何があるかわからない」

    妊娠が発覚したのは2013年のG.W。
    悪阻のような空腹時の気持ち悪さで気がつきました。
    近くで評判の高い産院で検査を受けると、やはり妊娠していました。
    しかしそれと同時に子宮頸管のポリープも発見されました。
    その時の医師の診断は
    「妊娠の経過を見ながら除去するか決めましょう」との事でした。
    上の子がまだ1歳半だった事もあり、1人目の時よりも悪阻が辛く

    安定期に入るまでは実家でお世話になっていました。

    しかし安定期に入ると、出血もほとんどなく体調も安定したので

    外出が出来るようになりました。

    妊娠も後期に入り、少しずつ出血が増えてきたので
    医師に相談したところ「ポリープが少し炎症してるだけで
    赤ちゃんは順調に育ってるから大丈夫だよ」と言われました。

    それでも心配だった私は内診をお願いしました。
    その結果、子宮口が開いてる事が判明したのです。
    もしあの時、内診をしていなかったらと考えると恐ろしくてたまりません。
    出産当日偶然にも、近くのNICUのある病院が空いていて
    すぐに出産ができた事が本当幸運だったと思います。

    産後すぐに NICUに運ばれ、2ヶ月以上入院していましたが
    現在は1歳8ヶ月になり、元気に毎日保育園に通っています。

みんなへメッセージやアドバイス

最後に今回早産になった直接の原因について産後の医師の判断は
「切迫早産」でした。
私はポリープの影響があるのか気になり、医師に聞きました。
しかし医師は「ポリープなどないですよ」と言い
その後何件か婦人科を周り調べましたが、ポリープの痕跡はありませんでした。


結局、今回何が原因で早産になってしまったのか
未だにはっきりわかっていません。
しかし内診をお願いしたあの時
医師にはわからない母親の勘が働いたのかもしれません。
お腹の中の赤ちゃんのSOSだったのかもしれません。


皆さんも赤ちゃんのSOSを見逃さないよう気をつけて下さい。
働いていたり、上の子がいるとついつい無理をしてしまいますが
お腹の中の赤ちゃんをわかってあげられるのはママだけなんですから。
2

妊娠30w前後の体験談

上へもどる