カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. その他 >
  5. 3か月検診で「カンジタ」が発覚!カンジタって何?性病?そして大股開きへ・・・
その他

[14w]3か月検診で「カンジタ」が発覚!カンジタって何?性病?そして大股開きへ・・・ [妊娠・出産の体験談]

1751人に読まれました
2016-08-04 15:23
せせせ、性病!?





  • 3か月検診!血液検査や尿検査、本格的な検査にわくわく。

    現在里帰り先にいる私。

    里帰り先の病院は決めていたので、3か月検診はそこへ行きました。

    今までエコーしか検査していなかったので、どんな検査するんだろう?とワクワクしながら
    ドアをくぐりました。

    受付を済ませ、看護師さんを待っていると色々と説明を受け、その後、血液検査や尿検査があり、おお~!本格的な検査だな~とホクホクしました。

    しかしながら、ここで初めて、大きな試練が待っていたのです。
  • AVみたいな格好にショックを受けるが、皆普通なので普通にやり過ごす私

    先生から、「下も検査しますね~」と言われ、看護師さんに案内された個室には、大きな椅子がひとつとカーテンの仕切り。

    もしやこれは・・・

    看護師さんから、

    「下の下着だけ脱いで、椅子に座ってください~」

    と言われ、脱いで椅子に座ると、椅子が自動で動き、なんとカーテンの奥に向かって大股開きに。

    がーーーん!!!なにこれ~~!!!

    恥ずかしくて死にそうでしたが、すぐに先生が来て「下も調べますから~力抜いてください~」と普通に検査を始め、看護師さんも先生も皆普通なので私も「あっ、はい」という感じで普通を装いました。

    内心、まるでAV~!私がこんな目に合うなんて・・・!と色々ショックでしたが、考え尽きる前に検査が終わりました。


  • 妊娠して初めて病気らしい病気が発覚。「カンジタ」・・・って何!?性病?

    検査が終わり、先生から言われたこと。

    それは「カンジタですね~。膣を洗浄しないとですね~」

    え!?

    今まで検診で特に何か言われたことがなかったので、驚きました。

    そして、膣を洗浄、って性病!?

    パニックになってしまいましたが、先生が丁寧に説明してくれたところによると、

    ・カンジタ菌というのが膣に常駐しているが、普段は悪さはしない。
    ・風邪や妊娠などで宿主の抵抗量が弱まると、一気に増殖し悪さをする。
    ・大衆風呂やプールでも感染することも、ある。


    へ~!

    ただ、

    ・治療で完治は難しい。なぜならカンジタは常駐菌だから、殲滅はできない。
    ・赤ちゃんがいる間、増殖を抑えるという処置になる。

    と言われました。

    なるほどなあ、勉強になります。

    カンジタにかかると性器や膣が痒くなるらしいですが、私は全くなかったですね。
    でも自覚症状がないのも怖いものです。(*_*;
  • 治療は膣に洗浄液と薬を流し込むという原始的な方法(笑)最初は焦る!

    カンジタの治療は何をするかというと、「膣に洗浄液を直接流し込み、洗い流す。薬もいれる」でした。

    な、なんて原始的・・・!

    最初は慣れていなかったので、膣に器具が入るのが痛くてたまりませんでしたが、
    何回もされるとさすがに慣れました(笑)

    あのAVみたいな恰好も、最初はギャー!//お嫁にいけない!!って感じなのに、(´_ゝ`)フーン になっちゃうんですから、人間ってすごい。

みんなへメッセージやアドバイス

いや~、赤ちゃんを産むって自分が思っていたより相当大変ですね。

出産時の陣痛はもとより、つわりから始まり、検診や治療で人の前で毎回大股開いたり、薬を入れられたり、強制的に精神がレベルアップします(笑)

恥ずかしくても、キャー、イヤー!みたいなことは言っていられません。

その辺を、配偶者(夫)にはぜひ分かってほしい!

産む時だけが大変じゃないんです、妊娠したら、ず~っと大変なんです!
1

妊娠14w前後の体験談

上へもどる