カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 生活習慣 >
  5. 妊娠しやすくなる?妊活中に積極的に食べていたもの
生活習慣

[26w]妊娠しやすくなる?妊活中に積極的に食べていたもの [妊娠・出産の体験談]

1997人に読まれました
2016-03-22 17:41
妊活中というのはいろいろなことに気を使うものだと思います。特に食べ物は身体作りに直結したものなので、気を使う方が多いのではないでしょうか。

私は今妊娠7ヶ月なのですが、妊活をしていた頃は「なにか妊娠しやすくなる食べ物はないのか?」と常に考えていました。

妊活に大切なものは食べ物だけではありませんが、食べ物の中でも特におやつや飲み物であれば生活の中に取り入れやすいです。普段の食事に比べて変えやすい部分なので、私も積極的にやっていました。

では、どんなものを取り入れていたのか挙げてみるので、参考にしていただければと思います。
  • ルイボスティー

    妊活をしている人にとっては定番中の定番ですね!私はスーパーで有機ルイボスティーを買って、毎日大体2リットル程お湯で煮出して飲んでいました。旦那が仕事に行く時もこのルイボスティーを持たせていました。少し癖のある匂いと味ですが、慣れると普通に飲めました。食事中のお茶もルイボスティーを出していたので、この時期の私と旦那は水分のほとんどをルイボスティーで摂っていたんじゃないかと思います。

    ルイボスティーには「活性酸素を除去する」という効能があるので、卵子が排卵してから着床するまで活性酸素に邪魔されないようサポートしてくれるそうです。
  • プルーン

    もともとドライフルーツが大好きなのですが、お値段がそこそこするので我慢していたのを妊活を期に解禁しました。1日2個ぐらいを目安に小腹が空いた時などに食べていました。ドライフルーツで言えば、いちじくなんかも妊活にいいと今話題らしいですね。

    プルーンには鉄分が多く含まれるので、貧血の改善や体温の維持、妊娠を維持する黄体ホルモンの分泌低下を防いでくれます。
  • アーモンド

    ナッツ類はもともとおつまみとしてはよく食べていたのですが、おつまみ用のものは塩と油まみれなので、妊活用に無塩のアーモンドを買っておやつとして食べていました。ナッツ類は食べ過ぎると脂質を摂りすぎることになるので1日に4個ぐらいを目安に食べていました。

    アーモンドにはビタミンEが多く含まれています。ビタミンEは血行を良くし、女性ホルモンの分泌も促進してくれるので、妊娠ビタミンと呼ばれることもあるそうです。

みんなへメッセージやアドバイス

妊活も飲み物やおやつであれば簡単に始めることができます。もし自分の好きなものが妊活にいいとされていれば、それから始めてみましょう。
2

妊娠26w前後の体験談

上へもどる