カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 夫婦生活 >
  5. 授かった奇跡と残り少ない夫婦二人だけの時間!無排卵月経からの妊娠
夫婦生活

[36w]授かった奇跡と残り少ない夫婦二人だけの時間!無排卵月経からの妊娠 [妊娠・出産の体験談]

19574人に読まれました
2016-02-25 15:01
私が子供を授かった奇跡と、残り少ない旦那さんとの時間について考えました。
  • 子供を授かった奇跡

    実は私、無排卵月経だと診断された事があるんです。
    まだなんとなく結婚も子供もいつかできればいいなぁと考えていた頃でした。

    投薬治療をしましたが排卵せず、お医者さんから結婚してからまた治療して下さいと言われました。
    いわゆる、不妊症。子供が大好きだった私は、もう一生自分の子供を見る事は出来ないかもしれないと絶望したのを今でもはっきり覚えています。

    旦那にプロポーズされた時の、この事実を打ち明ける事の怖さもはっきり覚えています。
    旦那は子供が大好きなのですが、幸いにも結婚という運びとなり結婚しました。
    しばらくして、妊娠している事が発覚した時はうれしすぎて二人で子供のように大泣きしました。
    旦那も私もどこかでこの奇跡を願っていたのだと実感しました。
  • 夫婦二人だけの時間

    妊娠が発覚してから、身体を気遣い無理のない生活を送っていました。毎日赤ちゃんの事を考えてとても幸せな日々でした。
    先日臨月に入ったのですが、ふと夫婦二人だけで過ごす時間も残り少ないという事に気がつきました。
    ちょっとわがままだなとは思うのですが、なんだか少しさみしくなりました。
    赤ちゃんが産まれたら夫婦二人だけでゆっくり過ごすこともなくなるでしょうし、今のうちに二人っきりを大切に過ごそうと思いました。
    しかし、もう臨月で出来る事も限られています。
    そこで、二人で図書館に出かけたり、パンを作ったり出来る事をしています。
    皆さんは残り少ない夫婦二人だけの時間をどういう風に過していますか?

みんなへメッセージやアドバイス

出産準備など赤ちゃんの事に追われ忙しい毎日で忘れがちな二人の時間も少ないという事。この残り少ない旦那さんとの時間を大切に過してください。
10

妊娠36w前後の体験談

上へもどる