カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 1歳6ヶ月~11ヶ月 >
  4. やっぱり言葉が遅い?1歳半検診での出来事
1歳6ヶ月~11ヶ月

[1歳6ヶ月]やっぱり言葉が遅い?1歳半検診での出来事 [育児・子供の病気の体験談]

243人に読まれました
2015-11-25 13:11
娘は1歳半検診で引っ掛かりました。
言葉の理解が遅いという理由でしたが、私も気になっていたのできちんと見てもらいたいという気持ちもありました。

当時の状況ですが、出ている単語はなし。
一応、名前を呼ぶと「はー」と手を挙げることはしていました。
でも親の言葉を理解しているかと聞かれても自信がなく。
例えば「歯磨き行こうか」というと、パタパタと洗面所に走って行きます。
でもお風呂の後は歯磨きというスケジュールが決まっているので、その流れを理解しているだけなのかもしれない・・・。

1歳半検診前に色々と自宅で試してみましたが、全く成果はありませんでした。
絵本を見ながら、わんわんどれ?と聞いてもスルー。
ゴミをポイしてきて、と言ってもニコニコ笑っているだけ。

1歳半検診では、「子どばは出ていなくても、言葉の理解ができていれば良い」という判断をしていたようで、
娘は言葉を理解が怪しかったので、一ヶ月後の再検査となりました。

  • ドキドキの再検査!

    それから一ヶ月、自宅でもいっぱい話し掛けていましたが、あまり進歩は見られませんでした。
    当日は、保健師の女性が一人いらっしゃいました。
    保健師さんと向かい合わせに座ると、机に積み木や絵本を並べ始めました。
    娘が遊んでいる横で、私への聞き取り。質問に答えないこと、単語が出ていないことなどを話しました。

    すると、保健師さんが娘に話し掛けました。
    「・・ちゃん、ママにこれを渡して」とペンを差し出します。
    娘は、私を見てからペンを握り、また私を見つめます。
    ついつい私が手を差し出すと、「ママさん、動かないでください。あと話しかけずにいてください」と指摘されました。

    再度チャレンジです。
    今度はママに積み木を渡すというものでしたが、出来ました!
    次は積み木を積んでみて、という言葉での指示。これも出来ました!

    保健師さんの見立てでは、多分理解は出来ているだろうとのこと。
    念のため2歳になってから電話で状況を確認します、と言われて帰りました。

みんなへメッセージやアドバイス

1歳8ヶ月になって、わんわん、アンパ(ンマン)、パパという単語が出ました!
その後は「うん、ううん」という意思表示も出来るようになり、2歳の電話では「大丈夫そうです」と自信を持って言えるくらい成長しました。

ちなみに娘は、小さい頃からずっと絵本が苦手でした。
絵本を開いて読んでいても、すぐにページをめくったり閉じたりして、中身を楽しむことがなかったのです。
おそらく言葉に対する興味がなかったんだろうと思います。

4歳になった現在、ずーっとしゃべっています。
話し出すのが遅かったため、発音はまだたどたどしい面もあります。サ行はシャシュショも言えず、チャチュチョになっています。
でも、幼稚園でのお友達とのコミュニケーションにも支障は出ていないようなので、ホッとしています。

言葉が遅いことを気にする方も多いと思います。もしも検診で指摘されても、療育等で改善されることも多いと聞きます。
私も必要ならば療育に通おうと思っていました。

指摘されたらショックを受けると思いますが、娘のように何事もなく成長することもあります。

以上、言葉に関する我が家の体験談でした。
1

上へもどる