カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 胎児の状態 >
  5. 誤診?赤ちゃんが平均より小さいのは、単に最初の検診で赤ちゃんの大きさを測り間違えたよう。
胎児の状態

[38w]誤診?赤ちゃんが平均より小さいのは、単に最初の検診で赤ちゃんの大きさを測り間違えたよう。 [妊娠・出産の体験談]

2724人に読まれました
2015-11-28 10:59

実際は平均並みと言われ、ちょっと安心。



  • ずっと「赤ちゃんが小さい」「低体重児ぎりぎりで生まれるかも」と言われ、おびえる。

    妊娠が分かってから産婦人科にずっと検診を受けていましたが、
    8か月目で里帰りするまでずっと言われ続けたのが、

    「赤ちゃんが小さい」

    でした。

    胎児の成長曲線というのがありますよね。

    画像にあるように、3本線が引いてあって、

    ①は大きめに成長する赤ちゃん、
    ②が平均に成長する赤ちゃん、
    ③の1番下にある線は、小さめに成長する赤ちゃん。

    ①~③の線の間で成長できれば、だいたいオッケーですよ、というグラフです。

    この、一番低い成長曲線をたどる赤ちゃんは、生まれる時の体重が2500gちょっと。

    2500g以下がだいたい低体重児、と言われる赤ちゃんなので、
    ぎりぎりの大きさで産まれてきます。

    そして私の赤ちゃんは里帰り前の産婦人科でずっと③の曲線をたどっていました。

    なので

    「赤ちゃんが小さいのでもっとご飯食べてください」

    とよく言われました。

    でも正直、この時(妊娠4か月~8か月)は自分でも食べすぎじゃ?というくらい食べていました。

    幸いなことに妊娠4か月でつわりが無事終息したので、

    例えば

    朝→カレー大盛り3杯
    昼→揚げ物おかずにご飯3杯
    夜→カレー大盛り3杯

    と、ご飯を鬼のように食べまくっていました。

    でも、いくら食べても

    ぐ~ん!!

    と大きくならず、じわじわと③の曲線の通りに育つだけ。

    私だけが太っていく始末(-_-;)

    もし予定日より早く産まれたら、2500g以下で産まれることになる!

    そうなると、体の機能がきちんと発育できていなかったり、体が弱かったりしてしまう~。

    心配だ~泣

  • 里帰り先の病院で、「母子手帳が1週間ずれているかも」と言われる。

    ず~っと「赤ちゃんが小さい」という判断のまま過ごし、そして里帰りしました。

    それから里帰り先で検診を受けること2回・・・先生から、衝撃の言葉を言われました。


    「予定日が、1週間くらいずれるとみていた方が良いですね~」


    え・・・?


    先生の説明によると、

    ・紹介状にも「赤ちゃんが小さめ」と書いてあった。
    ・が、赤ちゃんの成長具合を1週間遅らせて見ると、赤ちゃんはごく平均的に成長している。
    ・お腹の大きさを見ても、1週間ズレても問題はない。
    ・多分、前の病院で一番最初の検診で赤ちゃんの大きさを少し大きめに見てしまった。
    ・だから母子手帳の週数が実際の赤ちゃんの週数より少しズレてしまった。
    ・なので、週数に対してずっと「少し小さいまま」診断され続けてしまったのかな?

    おお~!なるほど!

    最初の赤ちゃんの検診って、豆粒みたいな大きさだから、大きさを少し図り間違えても
    仕方ないか。

    「平均」と先生に言われて、安心しました♪
  • 意外!母子手帳に記載された週数で、保険の効く期間が決まる薬がある。あと援助も。

    母子手帳の週数と、実際の週数が1週間くらいズレても、大して問題ないじゃん♪♪

    と思っていたら、地味に弊害が。

    ①母子手帳の週数は、途中で書き換えられない。

    ②援助券が足りなくなる!

    ③張止めの保険が効かなくなる!


    まず①です。

    週数がずれている?だったら書き換えてくり~!(*'▽')

    今回の検診の週数「37」をぴっぴ~と横線引いて、「36」にして、備考に間違い、とか書いてくれたらいいんじゃない?


    と思ったら、ダメー!


    母子手帳は一度お医者さんに書き込んでもらったら、週数を変えることはできないとのこと。

    理由は、母子手帳を基準に、「産休」をとったり、職場への「証明」に使うから。

    簡単に書き換えられたら、証明になりませんもんね。

    ②です。
    予定日が1週間遅れる、ということは1回分検診が多くなるということです。
    検診補助券は40週で産まれることを想定して14回分しかないので、
    足りなくなり、その分は実費になります。

    ③です。
    私はお腹が張っていたので、張止め(ウテメリン)を保険で処方してもらっていたのですが、
    母子手帳上で37週を過ぎると、保険が効かなくなるとのこと。

    確かに、もう正産期なのに、特に問題がなければ張止め(陣痛を抑える)を飲むのは少しおかしいですもんね。


    ということで、母子手帳がおかしいと地味~に、困ります(;´Д`)

みんなへメッセージやアドバイス

母子手帳が多少ズレていても、最終的には、赤ちゃんが無事で、
健康に産まれてきてくれたらなんでもいいです。

でも、別の病院に変えてすぐ入院が決まったり、鉄分が足りなくてショック死の可能性を伝えられたりと色々あって、正直、
最初の産婦人科は間違えちゃったかな~(;´Д`)と思っちゃいました。

2

妊娠38w前後の体験談

上へもどる