カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 症状・痛み >
  6. 壮絶!陣痛物語④
症状・痛み

[40w]壮絶!陣痛物語④ [妊娠・出産の体験談]

536人に読まれました
2015-11-29 23:56
えぇ、えぇ、、、歩きましょうと言われて素直に歩いた私。
お産が進む!って言われたから。。。
分娩室から出て10メートル位進んだ場所にある廊下の5メートルを2往復位したかなぁ、それが限界でした。帰りも分娩室まで歩かなければならなかったし・・・
言われた通り、お産が進むと信じてました。でも、歩いてからも進むことなく平行線!!
まぁ、5メートルを2往復=20メートル歩いたくらいじゃ進みませんよね。。。
若さゆえの思い違い!!
陣痛を耐えに耐えても進まず、歩いても進まず、朝から何も食べていない私は助産師さん曰く『体力の限界』だったようです。
(実は陣痛室で陣痛に耐えている間に夕飯が運ばれてきたのですが、陣痛が痛すぎるのと再びおう吐するのが怖くて食べられませんでした。さらに、夕飯を食べていない私に看護師さんがオニギリに変更して持ってきてくれたのですが、それも食べられず・・・)

看護師さんから『何か一口で食べられる物持ってませんか?!クッキーとか!』と聞かれた私。実は入院準備の段階でカバンの中にグミやチョコスナックを幾つか忍ばせていました。
とにかく、エネルギー確保の為に甘いものを口にしてくださいとの事。さすがにクッキーは口がバサバサするし持ってなかったのですが、グミを食べるように言われたので、旦那にお菓子の入ってる場所伝えたら今でも覚えてます!
『持ってるんかい!!』ときれいなツッコミをいただきました!

お菓子を取ってもらった後は旦那は助産師さんからジュースを買ってくるように指示を受けてジュースを買いに行きました。
分娩台の上でお菓子にジュースと誰がこんな姿を想像したことでしょう。私が一番驚きましたよ!

ーつづくー
1

妊娠40w前後の体験談

症状・痛みの関連カテゴリ

上へもどる