カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 予定外の妊娠 >
  4. 予定外の3人目妊娠!!産むか諦めるか…決意した瞬間。
予定外の妊娠

[9w]予定外の3人目妊娠!!産むか諦めるか…決意した瞬間。 [妊娠・出産の体験談]

15426人に読まれました
2016-06-29 15:02
まさかの3人目の妊娠がわかったのは2014年の大晦日前日。
たまたま残った検査薬を発見し、どうせ使うこともないしな~なんて軽いノリで試したのがきっかけでした。
基礎体温は測ってはいませんでいたが、アプリで生理スケジュールを管理していたので「出来ているわけがない」と思い込んでいました。
  • 妊娠検査薬が陰性から陽性に・・・

    検査薬を使用して判定窓をみると何もでず、当たり前と思ってゴミ箱へ捨てました。
    その約20分後、明日がゴミの日だからとゴミ箱を回収した際、さっき捨てた検査薬が包みからポロリ…。拾ってみると、「あれ?なんだか線が出てる!!」

    まさかの展開にすぐさまネットで判定に関する情報を収集してみました。
    すると、結構後から線が出て、再検査したらくっきり線がでた!って方が多いんですよね~。
    とにかくすぐに検査薬を買って再検査しました。すると今度はすぐに陽性反応がでて、主人に報告。
    主人も唖然として、どうすればいいかわからなかったようでした。
  • 産むか産まないか悩む・・・

    我が家は共働きで、私はフルタイムの派遣をしていましたが、2015年1月で契約満了が決まっており、更に2年前に注文住宅を購入、2週間前に車を買い替えたばかりだったからです。
    上の子供は5歳と4歳。どう考えても家計は苦しくなることが目に見えていました。

    一週間ほど各々とても悩んでいました。
    何せ年末だったので病院もお休みだし確かめようもなく、確信しきれないまま年明けの開院を待ちました。

    その後、病院を受診し、無事心拍も確認されましたが、産む決心がつきませんでした。
    契約満了だと育児休暇はとれないので失業保険のみの収入になります。いままで16万ほどあった収入がいきなりなくなる不安感は絶大なものでした。
    しかし私は産みたいと主人に話しました。主人は反対も賛成もしませんでした。

    主人と答えを明確にしないまま時間は過ぎました。

    仕事をしながら悪阻に絶え、産めるかわからない妊娠を誰かに告げることも出来ず、ただ毎日を過ごしました。
    この時が一番辛く悲しい時期でした。
  • 背中を押してくれた母の言葉。

    4回目の検診のときに母子手帳発行の用紙をいただきました。
    私は自分の母に打ち明け、主人のことや私の思いを話しました。
    すると母は、
    「お金はないと困るけれど、ないならないなりに人生は回っていくよ。あなたたち夫婦には頼れる場所があるんだから、いざとなれば甘えればいい。私(母)は片親だから金銭的なことはそんなにしてあげられないけれど、いるものが有るなら何でも持っていけばいい。」
    「家と車のローン、仕事の契約満了、春には長男の入学。なぜこのタイミングで授かったのかはわからないけれど、きっとこのタイミングだからこそ産まれるべき命なんじゃないかな。」と笑ってくれました。

    母が言ってくれたこの言葉が決意のきっかけでした。
    主人は「お前が産みたいなら産もう。頑張ろう。」と言ってくれました。


    あの時の母の言葉がなければ、今、ここにある命はこの世に生まれていなかったかもしれません。

    出産を終えた今、確かに金銭的余裕はないものの、家族5人、楽しく暮らしています。
    3人目も男の子でしたが、今までとは違う可愛さがこみあげています。(年をとったからなのかもしれませんが…笑。)
    結局主人もメロメロで、上の子供たちも弟が出来たと喜び、とても可愛がってお世話をしてくれています。
    たくさん悩んで泣き続けの毎日でしたが、後悔はありません。
  • 予定外の妊娠に悩んだら・・・

    授かった命を大事にしたい。ほとんどの女性はそう思うのではないでしょうか。
    特に既にお子さんがみえるママは、子供の愛おしさを知っているからこそ、予定外の妊娠に戸惑い、悩むのだと思います。産んだから幸せにしてあげられるという保証はどこにもないからです。
    しかし、ひとりで悩んでいるとあまりいいことを考えないものですよね…。

    もちろん、すべての予定外の妊娠が悩みになるわけではないと思いますが、もしもそのような状況になったときは、ぜひ色んな方の体験談をネットで探してみたり、信頼する人に思いを話してみてほしいと思います。そしてもし産む決意をしたならば、赤ちゃんに楽しみだよ、嬉しいよ、というママの想いを、からだの中から伝えてあげてほしいと思います。
5

妊娠9w前後の体験談

上へもどる