カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 乳首が固い、短い、むくんでる…乳頭保護器を使った授乳
トラブル

[0歳0ヶ月]乳首が固い、短い、むくんでる…乳頭保護器を使った授乳 [育児・子供の病気の体験談]

2133人に読まれました
2015-12-04 07:48
母乳育児ってトラブルがつきもので、なかなかスムーズにいかない人も多いと思います。
私自身、完全母乳に移行するまでにはいろいろあったし、生後2か月経った今でも悩みは尽きません。

まず第一に、私の乳首は短くて固く、しかもむくみがひどくて、なかなか息子に吸ってもらえませんでした。

それでも練習はしなきゃいけなくて、カチカチの乳首を無理矢理くわえさせられてギャン泣きしてた息子が一番修羅場だったと思います(笑)

そんな中、短い乳首を補填する+伸びをよくするアイテムとして助産師さんに提案されたのが画像の乳頭保護器でした。
(病院ではシールドと呼んでました)

ソフトタイプのもので、これを乳首にかぶせた状態で授乳します。

最初は嫌がってた息子も徐々に吸うようになり、授乳後に乳首が伸びているのも感じたので、正直これでいける!と思いました。

でも実際、授乳前後の体重増加を測ってみると全く増えてない…
授乳後にギャン泣きされてミルクを足すことも多く、助産師さんに次に提案されたのがハードタイプの乳頭保護器でした。

ハードタイプの乳頭器といっても、母乳相談室という哺乳瓶のキャップを使います。

これはソフトタイプよりも息子の食い付きがよかったんですが、ただ吸っているとキャップの中が真空状態になってしまうのか、乳首部分のくびれがすぐにぺたんこになってしまい、おっぱいが出てこない!と泣かれる羽目に。

結局これも全く体重増加に繋がりませんでした…
  • 提案されたのは、哺乳瓶「母乳相談室」のキャップを改良した乳頭キャップ

    結局一番上手くいったのが、退院後に行った桶谷式の母乳相談室でもらった乳頭キャップでした。

    ハードタイプで、これも母乳相談室という哺乳瓶のキャップだったんですが、ただ病院で使ったのと違う点は、これはてっぺんの穴が若干広げられているということ。

    相談室のおばあちゃんがわざわざ改良したとのことでした。

    これだといくら吸っても中が真空にならず、従来のものより出もいいようで息子もしっかり飲んでくれました。

    最終的には2週間ほどでこの乳頭キャップも使用せずに直接乳首から吸えるようになり、自信を持って完全母乳と言えるようになりました。

    今は今で乳首の痛みに悩まされているのですが、それは置いといて(笑)

    結局のところは自分に合ったものを探して試行錯誤するしかないってことですね!

みんなへメッセージやアドバイス

乳頭キャップの使用は、短かったり固かったりする乳首を吸ってもらえるだけでなく、乳首そのものがより伸びるようになるので、いいこと尽くしです。
直母であげられない罪悪感や惨めさがはじめはありましたが、結局はこれのおかげで直母できるようになったので感謝してます♪
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる