カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 離乳食 >
  4. 9~11ヵ月(後期) >
  5. 食べ物・飲み物 >
  6. 手づかみ離乳食の救世主!お魚スティック!
食べ物・飲み物

[1歳1ヶ月]手づかみ離乳食の救世主!お魚スティック! [育児・子供の病気の体験談]

460人に読まれました
2016-11-02 14:39
離乳食も後期に入ってくると、今までよりもぐんっと食べられるものの種類が多くなってきて楽しい反面、お母さんは作るのが大変ですよね。

今まではとりあえず、おかゆとバナナがあればよかったのが段々と美味しいごはんを覚え、食感のあるものを好んだり、味も少し濃いものを食べるようになります。

中には、お母さんのご飯を分けてもっと柔らかくしたりレトルトで代用したりと色々工夫してる人も沢山いると思います。
私も最初は離乳食を毎食作るのが大変で、レトルトに頼ってばかりのときがありました。
でも、せっかくならお母さんの作ったご飯を食べてもらいたい!という思いから離乳食を一度に何種類か作ってフリージングするようになりました。

その中でも1番簡単に、そしてたくさん作れる上に赤ちゃんも食べやすかったものを紹介します!

それはお魚スティックです!

作り方はとっても簡単で、切り身を3cm幅ぐらいに切ってから軽く塩を振るか醤油に浸してから片栗粉をまぶして油をひいたフライパンで揚げ焼きするだけ!

手づかみ食を始めた赤ちゃんにはスティック状なので持ちやすく食べやすいですし、お母さんからすれば、魚はパパの晩酌のお刺身を一切れもらったやつでも作れるし味付けも変えれば何通りも作れるから大助かりですね。
しかもフリーザーパックで冷凍できます。

ご飯はこの魚スティックとごはんとミックスベジタブルをレンジで温めたものが我が家ではよく出していました!
ぜひ、みなさんも簡単ごはんで、楽しく離乳食の時期を過ごしていきましょうね!
0

食べ物・飲み物の関連カテゴリ

食べ物・飲み物の人気体験談ランキング

ひろばランキング

上へもどる