カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 検査 >
  5. 胎児の性別を教えてくれる先生、教えてくれない先生。性別なんて、軽~く教えてくれるもんだと思っていた
検査

[20w]胎児の性別を教えてくれる先生、教えてくれない先生。性別なんて、軽~く教えてくれるもんだと思っていた [妊娠・出産の体験談]

3789人に読まれました
2016-02-22 08:48
性別にこだわりはないけど、
あたった!はずれた!みたいな喜びや驚きもひとつの思い出になるじゃん?
  • 1つ目の病院では、はっきりと教えてはくれなかった

    私は初産ですが、男の子と女の子どちらが欲しい、というのはありませんでした。

    ”とにかく、心身ともに健康で産まれてきてくれれば、それ以上は望まない”

    そういう気持ちでした。

    それに、赤ちゃんなんて男も女も見た目変わりないし、好みなんてまだないと思って、

    産着やベビー用品も、どんな色でもいいや~と思っていました。

    それで、妊娠6か月頃から先生に「性別は分かりますか?」と聞いてみたところ、

    「多分女の子かなあ・・・でも、分からないね。うちでははっきりは言えません」

    と言われました。

    あんな白黒エコーじゃ、はっきり分からないのも当然か、と思っていましたが、

    先生の話だと、

    ”前に胎児の性別を間違えてしまい、出産後患者に文句を言われてしまった。
    だから、断定はしないようにしている”

    と言われ、

    結局、8か月で里帰りするまではっきりと教えてくれることはありませんでした。
  • 胎児の性別を知りたがるのって、良くないことなのかな・・・

    胎児の性別は、話のネタ程度にすんなり教えてもらえると思っていたので、

    ちょっと出鼻をくじかれてしまったように感じました。

    赤ちゃんは健康でいてくれれば性別はどちらでもいいはず。

    性別を聞きたがるのって、贅沢というか、悪いことだったのかな・・・。

    なんだか先生の言い方が、

    ”胎児が健康だったらどっちでもいいじゃん、そんなこと気にするの変だよ?お母さんでしょ?”

    と言われているような感じがして、へこみました。

    私はそこまで胎児の性別については真剣に考えていなくて、

    夫とのひとつの話のネタになればいいなあくらいにしか思っていませんでした。

    例え「女の子です」と言われて男の子が産まれてきたとしても、その子にとって

    「女の子、ってずっと言われてて、生まれたら男の子だからびっくりしちゃった~!」

    という思い出というかひとつのエピソードになるなあと思っていました。


    でもネットや人の話を聞くと、

    胎児の性別を聞いて、
    ・ベビー用品の色やおもちゃをその性別に合わせて購入したり、

    ・自分の求める性別じゃない為に杜撰?な生活になってしまったりする人

    もいるようです。

    そういう人にとっては、「騙された!!」と思うかもしれませんね。
  • 2つ目の病院では、あっさりと性別を断定。

    里帰り先の病院でも、一応妊娠9か月目で性別を聞いてみたところ

    「女の子ですよ。聞かれたら答えようと思っていました」

    と言ってくれました。

    こちらの先生も積極的に教える感じではないですが、
    胎児の性別のことで特にトラブルはなかったようです。

    産婦人科の先生は、性別を間違えただけで文句言われるなんて、大変ですね。

    分娩時赤ちゃんに怪我をさせてしまったとか、
    明らかに分かる障害を見逃してしまった、という
    訳ではないのに。

    もし男の子が産まれてきても、先生に感謝こそすれ、そういう文句的なことは絶対に言わないようにしようと思いました。

みんなへメッセージやアドバイス

昔は跡取りとして「絶対男の子!!」みたいな流れがありましたが、今は違います。

男でも女でも、健康でさえいてくれたらどっちでもいい!良い世の中になりました。

産まれる前に聞いた性別は、ただのひとつの楽しみ、ネタ程度にとどめて
おいた方がいいですね。

ママ友とかできた時に、「うちの子は最初男の子だと言われて~!」なんて盛り上がれるし、
間違っていても逆においしいかも?ですよ。
3

妊娠20w前後の体験談

検査の関連カテゴリ

上へもどる